ENTRY
ISHIOKA 獅子頭ライド
満員御礼!参加申込受付は終了いたしました。
2020.3.22Sun

獅子頭ライドの特徴

特徴その壱
隠れた観光名所満載
9月に行われる常総國總社宮例大祭が「関東三大祭り」の1つとしても有名な石岡市。江戸~昭和に建造されたレトロな建築物や四季折々の味覚が味わえる、東京から電車で約1時間の“ふるさと”です。
特徴その弐
美しい里山風景
つくば山を望む美しい里山風景は、ライド中はまるでタイムスリップしたかのような気持ちに。芽吹いたばかりの萌黄色に色づいた山々が、爽やかに春のおとずれを感じさせてくれます。
特徴その参
美味すぎるエイド食
エイドステーションでは特産品のフルーツや郷土料理をたっぷりと堪能できます。春のイチオシはなんといってもイチゴ!市場には出回らない完熟イチゴは「ここでしか味わえない逸品」と地元の人も太鼓判です!

ゲストライダー

写真:ファヴァロ・マルコ
ファヴァロ・マルコ
国際自転車交流協会の理事を務め、サイクルウエアブランドのモデルや欧州プロチームの通訳も行う。ビンテージバイクイベントをはじめ、日本国内でのサイクリングイベントも多数主催。『Cyclist』の人気連載『つれづれイタリア~ノ』の執筆者。
写真:篠(しの)
篠(しの)
ヒルクライムの魅力をSNSで発信し続けるインスタグラマー。主にアマチュアヒルクライムレースで活躍し、イベントのゲスト参加や自転車雑誌の露出も多数。伊豆市2020東京オリンピックPRモデルも務める。
写真:疋田 智
疋田 智
自転車評論家 。自転車で通勤する人を意味する「自転車ツーキニスト」という言葉を広めたことでも知られる。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」のパーソナリティなども務める。

獅子頭ライド特別企画

写真:参加記念品 大会オリジナル手ぬぐい
参加記念品 大会オリジナル手ぬぐい

獅子頭ライドの参加記念品は、石岡市の和モダンな街並みに広がる“雲”と、霞ヶ浦の“波紋”をイメージした「手ぬぐい」となります。
「手ぬぐい」はバックポケットに入るので、持ち運びがとっても簡単!さらに、ハンカチやサイクルキャップ替わりなど、様々な用途で使える、とっても便利な逸品です。


写真:オリジナルの大会公式ジャージ&キャップ
オリジナルの大会公式ジャージ&キャップ

「石岡 獅子頭ライド2020」オリジナルの大会公式ジャージ&キャップを販売中です。お祭りを思わせるシブめの和柄テイストのデザインで、赤い獅子頭キャップと合わせて“獅子舞コーデ”を楽しむもよし、ブラックで統一してシックに着こなすもよし。ぜひご参加の記念にお買い求めください。

Cyclist関連記事

エントリー締め切りまであと
ENTRY

SPONSERS&PARTNERS

石岡市観光協会公式サイトへ