大会概要アイコン

大会概要

伊豆大島御神火ライド2018の概要と大会要項です。

伊豆大島御神火ライド2018大会概要

大会名 伊豆大島御神火ライド2018
開催日 2018年9月8日(土)
開催場所 スタート/ゴール地点:東京都大島町元町仲野-203-6「仲の原園地」
コース

御神火チャレンジコース - (73km、獲得標高1,434m)

大島ぐるっと一周コースに三原山を一望できる山頂口へのヒルクライムを追加しました。最後の上りは登坂距離6kmで平均勾配9%とかなりの急坂。

大島ぐるっと一周コース - (46km、獲得標高826m)

距離は50km未満ながらも、火山島ならではのアップダウンに富んだコースで走りごたえは十分。

募集定員 御神火チャレンジコース:300名
大島ぐるっと一周コース:200名
通過目安時間

御神火チャレンジコース

  • ゴール地点:14時00分
  • 第1AS/トウシキ芝生公園(スタートから約15km地点):7時30分~8時30分
  • 第2AS/大島公園椿園(スタートから約33km地点):9時00分~10時00分
  • 第3AS/ぶらっとハウス(スタートから約41km地点):9時40分~10時40分
  • 第4AS/三原山山頂(スタートから約54km地点):11時00分~12時00分

大島ぐるっと一周コース

  • ゴール地点:14時00分
  • 第1AS/トウシキ芝生公園(スタートから約15km地点):8時00分~9時00分
  • 第2AS/大島公園椿園(スタートから約33km地点):9時30分~10時30分
  • 第3AS/ぶらっとハウス(スタートから約41km地点):10時10分~11時10分
エントリー料 御神火チャレンジコース/大島ぐるっと一周コース :8,000円
※参加費には、消費税と傷害保険料が含まれます。
エントリー方法 エントリー方法はこちらをご覧ください。
4月20日(金)エントリー受付開始
参加記念品 伊豆大島 御神火ライド2018イベントサコッシュ
イベント全般についてのお問合せ 株式会社小田急エージェンシー内
伊豆大島 御神火ライド 2018 運営事務局
TEL:03-3346-3420
(受付時間/平日 10:00~12:00・13:00~17:00)
大会規則
  1. 未成年者の参加には、保護者の同意(誓約書にサイン)を必要とする。
  2. 参加者は全員、誓約書の提出を義務とする。
    ※誓約書に、年齢・性別等の虚偽申請、申込者本人以外の場合(不正出走)は認められない。その場合、出走が取り消される。
  3. コースは一般道を利用するので、コース走行時は実際の交通規則を厳守する。
  4. コース走行は、キープレフト(道路左側走行)を厳守し、追い越し・並走を禁止する。速度はペースメーカーを絶対とし、ペースメーカーの追い越しは禁止する。
  5. ペースメーカー、誘導員等の大会運営スタッフと警察官の指示には従う。
  6. コース走行は、各チーム単位で行う。
    ※何らかの理由でリタイア、もしくは後続チームに合流する場合は、各チームサポートライダーへ申告する。
  7. コース途中からの参加は禁止する。
  8. 車両による並走・伴走は禁止する。
  9. 自転車の形状・装備について
    1. ロードバイク、マウンテンバイク、ミニベロ等の公道を走行できるスポーツ自転車で参加すること。
    2. 前後にブレーキが装備され、正常に作動すること。
    3. タンデム車を含む二人乗りの禁止。
    4. DHバー等、グリップ部分にブレーキレバーが無いハンドル補助装備の禁止。
    5. ヘルメットとグローブは、必ず着用すること。
      ※ヘルメットは、(公財)日本自転車競技連盟公認を推奨する。
      ※サングラス等の装着は、各自の判断とするがガラスレンズ製品の使用は安全上禁止する。
    6. 前照灯を装備すること。
      ※走行時は、常時点灯させる。
    7. リアリフレクター(ライト可)を装備すること。
    8. サイクルコンピューターやスマートフォンは、自転車に固定すること。
      ※走行中は、いかなる操作も禁止する。
    9. パンク等の修理は、自身で行えるようスペアチューブ(タイヤ)や修理道具は各自携行すること。
  10. エイドステーションでは、必ず休憩し水分や補給食をとり、熱中症予防等各自体調管理に努めること。
    ※各自飲料等の携行は制限しませんが、走行中飲料や食品の摂取は、思わぬ事故につながります。エイドステーションで十分な補給をお願いします。
  11. エイドステーションの制限時間内に通過すること。
    ※ヒルクライムの直前エイドステーションでは、自身の体力を考慮し少しでも不安がある場合には、エスケープコースの選択を申し出る。
  12. 参加者同士、または、一般車両や歩行者との交通事故発生時には、直ちにサポートライダーもしくは大会本部・係員へ連絡しその指示に従う。

※以上の大会規則を守らず、大会スタッフからの警告を受けても改善がされない場合は、大会への参加を取りやめて頂きます。

ENTRY
このページのトップへ