御神火ライド TOPはこちら ※8月17日(月)開設予定
「御神火ライド2020」開催のお知らせ

「伊豆大島 御神火ライド2020」を11月28日(土)に開催いたします。 参加予約受付開始は7月31日(金)を予定しておりますので、いましばらくお待ちください。 実行委員会では、新型コロナウイルス感染リスクの観点から参加募集人数を大幅に制限するなど、感染予防策を講じて参ります。
しかしながら、社会情勢によっては中止の判断をさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

なお、前回2019年大会に参加予定だった方への割引につきましては、募集人数を制限するにあたり、2021年へ繰り越しとさせていただきます。

2019年、台風15号による甚大な被害を受けた伊豆大島ですが、復興の道半ばにして、新型コロナウイルスの流行により観光産業が再び深刻な被害を受けております。 今回の御神火ライドでは、元気な伊豆大島を発信するべく、様々な趣向を凝らしたイベントにして参りますので、楽しみにしていてください。

最後になりますが、皆様が健康に過ごされますことを祈念いたしますとともに、医療関係者をはじめ最前線の現場で働いている皆様に、心より感謝を申し上げます。

御神火ライド実行委員会一同

御神火ライド開催に向けて

「第1回大会から参加させていただいておりますが、毎回地元の皆さんの笑顔とホスピタリティにとても癒されております!

新型コロナウイルスの感染が再び拡大したら、中止の可能性もゼロではありませんが、今年も参加者の皆さんと伊豆大島の大自然を満喫できることを楽しみしております!」

栗村 修

今年も「伊豆大島御神火ライド」の開催が決まりました。新型コロナウイルスの感染対策を徹底すべく、今年は例年より規模を縮小しての開催となりますが、その分どんなプレミアムイベントが登場するのか、ぜひお楽しみに! 感染対策はもちろん、走行に対しての安全管理もしっかり行い、安心安全なライドが出来るよう尽力します。

澤野健太のイメージ写真
澤野健太(cyclist編集長)

6月に伊豆大島御神火ライド2020の実行委員会が立ち上がり、皆様に開催概要のご案内をするまでには実行委員間でも様々な議論を行いました。大会に参加頂く皆様の安全・感染予防をどの様に行うのか?安全は担保できるのだろうか?そもそも、ご参会頂ける方はいるのだろうか?様々な懸念事項が上がりましたが、新型コロナウィルスの感染状況を注視し、感染予防対策も綿密に計画することを前提とし、開催に向け動き出そう。という結論に達しました。この結論の背景には、昨年の大島町に甚大な被害をもたらした台風15号、そして、今年の新型コロナウィルスの感染拡大による大島町への来島自粛の影響が色濃くあります。現在も台風15号被害の復興は途上です。そして、来島自粛は解除されましたが、昨年来大島町の基幹産業である観光業は大変大きな打撃を受け、経済、そして大島町民の気持ちにも大きな影響を与えてります。

先に記した実行委員会での今年度の開催議論の中で、御神火ライド2019にお申込み頂いた皆様から、台風15号被害へのお見舞いのお言葉や、寄付のお申し出、そして、2020年の開催を楽しみにしている。といった心強いメッセージを頂戴したことを改めて読み返す中で、先行き不透明ではあるが、一歩前へ進めてみよう!オール大島でサイクリストの皆さんをお迎えする準備を開始しよう!となりました。改めて伊豆大島御神火ライド、そして、大島町を応援してくださる皆様のお声に勇気を頂きましたこと心から御礼申し上げます。

未だに新型コロナウィルスの感染状況は、予断を許しません。状況によっては、開催中止を判断することになるかもしれませんが、明日への希望を持つためにも開催に向けた準備を進めて参りますこと、ご理解ください。そして、皆様の今年の伊豆大島御神火ライドへのご参加をお待ち申し上げております。

文末になりましたが、新型コロナウィルスにより被害を受けた皆様には、心よりのお見舞いを申し上げます。また、生活基盤を支える医療従事者の皆様、そして全てのエッセンシャルワーカーの皆様には、心より御礼申し上げます。

三辻町長
御神火ライド TOPはこちら※8月17日(月)開設予定