「弁護士渕側友晴:裁判所は、判決の際、収入、資産状況から裁判費用の一部あるいは全額を負担するよう言い渡すが、件数で全体の35%に過ぎず、あとは国費で賄う。被告人の請求をフリーパスで通すのが国選増加の要因でもある。だからといって、1人ひとりのチェックをしたら大作業で、形式的な手続きですませているのが実情だ。」の検索結果一覧タグ一覧へ

  • 記事はありません。

ピックアップ