Jプロツアー第14戦・Jフェミニンツアー第22戦女子は高校3年の伊藤杏菜が優勝 いわきクリテリウム開幕、サイクルフェスティバルも併催

  • 一覧

 国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」の今シーズン第14戦となる、「第17回 JBCF いわきクリテリウム」が5日、福島県いわき市の21世紀の森公園で開幕した。2日間に渡る開催で、初日は男子の予選と女子の決勝が行われ、女子は伊藤杏菜(Ready Go Japan)が優勝した。一般向けのイベント「第17回サイクルフェスティバル2013 in いわき」も併催され、ママチャリ一本橋レースや自転車教室が行われた。6日はクリテリウムレースのほか、三輪車耐久レースなども開催される。

会場のいわき市「21世紀の森公園」会場のいわき市「21世紀の森公園」
一本橋レースに挑戦。一筋縄ではいかない一本橋レースに挑戦。一筋縄ではいかない
コマなし自転車に挑戦! 自転車教室が行われたコマなし自転車に挑戦! 自転車教室が行われた
いわき湯本に近い会場には、足湯も設けられたいわき湯本に近い会場には、足湯も設けられた

 会場はいわき市の湯本駅近くに位置するスポーツ、レクリエーションを楽しめる公園。今夏にプロ野球オールスターゲーム第3戦が開催された「いわきグリーンスタジアム」も同園内にある。今大会のレースではスポーツゾーンの園内道路や遊歩道をつなぎ合わせた1.23kmの特設コースを使用。周回の距離が短い「クリテリウム」形式のレースは、次々に選手の集団が通過するため、レース観戦を楽しむにはもってこいだ。

女子は1対1スプリント勝負 高校3年生の伊藤に軍配

 女子は予選なしの一発決勝で、21周回25.83kmのレース。小雨が降る中での戦いになった。序盤の3周目には先頭が3人に、4周目にはさらに1人減って智野真央(MUUR zero Velofutur)と伊藤の2人に、早くも絞られた。前半は智野が積極的な走りを見せる一方、高校3年生の伊藤も互角の走りを展開する。

レース序盤、智野が積極的に牽引レース序盤、智野が積極的に牽引
花壇の横を走る花壇の横を走る

 後半15周目、智野がパンクでストップするが、2周の猶予周回を使ってホイールを交換してレースに復帰した。このまま先頭の2人体制は崩れず、勝負はゴールスプリント争いに委ねられた。

スプリント争いを伊藤が制して優勝スプリント争いを伊藤が制して優勝
女子表彰式(左から)2位の智野、優勝の伊藤、3位の鈴木女子表彰式(左から)2位の智野、優勝の伊藤、3位の鈴木

 最後のストレートでまず先行したのは智野だったが、途中から伸びた伊藤が智野を難なくかわして優勝を飾った。

 伊藤はJフェミニンツアー今季2勝目。「スプリントは重いギアを目一杯踏みました。雨で滑る上に路面もガタガタで何度も転びそうになりましたが、何とか抑えました」とレース後に語る伊藤。次週は地元愛知県のレースで連勝を狙う。

 一方、敗れた智野は、途中交換したホイールがうまく合っておらず、スプリントで力を出し切れなかったという。悔しいレースとなった。

F結果(25.83km)
1 伊藤杏菜(Ready Go Japan) 45分16秒
2 智野真央(MUUR zero Velofutur) +1秒
3 鈴木梢(湘南ベルマーレクラブ) +2分3秒

男子予選はチームUKYO勢がトップ通過

 男子の予選は15周回のレースを2組行い、それぞれ上位15人が決勝に進むことができる。この日は、Jプロツアーの個人総合ランキングで首位のホセビセンテ・トリビオを擁するチームUKYOが積極的に展開。予選1組では、終盤に単独でアタックしたトリビオが逃げ切ってトップ通過。また2組目も、大集団スプリントでチームのエーススプリンター大久保陣が先頭を獲り、両組ともチームUKYOがトップ通過となった。

男子予選1組目、ルビーレッドジャージを着るトリビオが逃げ切った男子予選1組目、ルビーレッドジャージを着るトリビオが逃げ切った
男子予選2組目、大集団スプリントを大久保陣が先頭で入った男子予選2組目、大集団スプリントを大久保陣が先頭で入った

 一方、予選で敗れた選手は翌6日午前の敗者復活戦を走り、このレースで上位10人に入れば決勝に進むことができる。有力選手では、昨年この大会で2位に入った岡篤志(キャノンデール・チャンピオンシステム)や、現在U23総合トップの西村大輝(シマノレーシング)、また普久原奨(宇都宮ブリッツェン)らが予選で16位以下に沈んで敗者復活戦に回っている。

(写真・文 米山一輝)

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載