新製品情報フレームを一新、クロスバイクはクラス最軽量に コーダーブルームの2014年モデル

  • 一覧

 ホダカがプロデュースするスポーツバイクブランド「Khodaa Bloom」(コーダーブルーム)の、2014年モデルのラインアップが明らかになった。今期モデルではクロスバイクシリーズをフルモデルチェンジし、モデル数も拡大。細身の新型軽量フレームを採用し、手頃な価格と軽量性を両立したバイクに生まれ変わった。

Rail 700SL(ポリッシュ)Rail 700SL(ポリッシュ)

9kgを切る軽量クロスバイク 「Rail 700SL」

 フルモデルチェンジを果たしたクロスバイクシリーズ「Rail」(レイル)の頂点に立つのが、700Cホイールの「Rail 700SL」だ。「SL=Super Light」のモデル名が示す通り、軽量性を重視したバイクになっている。

 メーンフレームはこれまでのコーダーブルームのイメージを踏襲しつつ、細身のパイプを使用した軽量フレームに一新。適材適所に配した形の異なるバテッドチューブで、軽さと素早い加速を両立した。

 フロントフォークとシートポストにはカーボン製を使用したほか、個々のパーツを吟味することで、一番大きな480mmモデルでも完成車重量8.7kgと、従来モデル(同等のクロスバイクで11.9kg)から大幅な軽量化に成功。またクラス最軽量のバイク(※1)でありながら、5%消費税込みで9万円を切る、魅力的な価格を実現している。

※1)国内販売中の10万円以下/前変速機付きクロスバイクにおいて(2013年9月現在・ホダカ調べ)

カーボンフォークを採用して軽量化を進めたカーボンフォークを採用して軽量化を進めた
ポリッシュモデルは、塗料を使わない分、カタログ値よりも軽量だというポリッシュモデルは、塗料を使わない分、カタログ値よりも軽量だという
ショートアームの軽量Vブレーキを採用ショートアームの軽量Vブレーキを採用

 軽量化を意識する一方で、ホイールのスポーク数は前後とも28本を確保。Vブレーキは利き過ぎを防止するために、あえてショートアームのものを使用するなど、安全で確実な走行性能を確保するパーツ構成になっている。Railシリーズは全モデルが厳しい安全基準をクリアーし、“安全で高品質なスポーツ用自転車”として、スポーツBAA(SBAA)の認定を受けている。

Rail 700SL 定価89,250円(本体85,000円+税)
カラー:ポリッシュ、ブラック(マット)
サイズ:400、440、480mm
重量:8.7kg(480mm)
変速:18段(前2段・後9段)

スタンダードモデルも9kg台を実現 「Rail 700」

Rail 700(ウォーターブルー)Rail 700(ウォーターブルー)

 価格と性能のバランスを意識したスタンダードモデルが、「Rail 700」だ。700SLに比べてフォークやシートポストがアルミになり、パーツもフロントが3段変速になるなど、より一般的な構成となっているが、完成車重量はこちらも10kgを切る9.7kg(480mm)と、前3段変速機付きクロスバイクとしてはクラス最軽量(※2)だ。

 メーンフレームは上位モデルと同じ軽量フレームを使用。リアセンターを長めに取ることで、走行安定性にすぐれたバイクに仕上がっている。スタイリッシュなキックスタンドも付属するなど、普段使いにも便利なバイクだ。

※2)国内販売中の10万円以下/前3段変速機付きクロスバイクにおいて(2013年9月現在・ホダカ調べ)

Rail 700 定価59,850円(本体57,000円+税)
カラー:ブラック、ホワイト、ウォーターブルー
サイズ:400、440、480mm
重量:9.7kg(480mm)
変速:27段(前3段・後9段)

5万円を切る「700A」、ディスクブレーキ装備の「700D」

 手に入れやすさを重視した「Rail 700A」は、価格を抑えるとともに、グリップやホイールの構成をより安定性重視とし、初心者向けの構成になっている。カラーリングもピンクを含む、親しみやすい4色展開だ。

Rail 700A(ダークブルー)Rail 700A(ダークブルー)
Rail 700D(オレンジ)Rail 700D(オレンジ)

 ディスクブレーキを装備した「Rail 700D」は、雨でもブレーキ性能が落ちにくいことから、通勤・通学などで天候を問わず毎日使用するヘビーユーザーを意識したモデル。タイヤも太めの32Cタイヤを装備するなど、路面コンディションに左右されにくい高い安定性を確保している。

 いずれもメーンフレームは上位モデルから受け継いだ細身の軽量フレームで、完成車重量も軽量に仕上がっている。

Rail 700A 定価49,980円(本体47,600円+税)
カラー:ダークブルー(マット)、ホワイト、ガンメタル(マット)、ピンク(マット)
サイズ:400、440、480mm
重量:10.9kg(480mm)
変速:24段(前3段・後8段)

Rail 700D 定価63,000円(本体60,000円+税)
カラー:オレンジ、ガンメタル(マット)
サイズ:400、440、480mm
重量:11.1kg(480mm)
変速:27段(前3段・後9段)

◇           ◇

 ホダカでは近年、全社を挙げてスポーツサイクリングに取り組むことで、スポーツバイクの商品力を飛躍的に向上させている。2014年モデルでも、日本人による日本人のための「デザインド・イン・ジャパン」を謳うブランドとして、自らがいちユーザーとなってコーダーブルームの進化と深化に努めているという。

 

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

クロスバイク コーダーブルーム ホダカ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載