パレードやトークショーで交通安全をPR自転車レーンの通行ルールを広めよう 大阪市初のレーン設置を受け9月20日に街頭啓発イベント開催

  • 一覧
大阪市内初の「自転車レーン」。左側通行になるよう、矢印で進行方向が示される大阪市内初の「自転車レーン」。左側通行になるよう、矢印で進行方向が示される

 大阪市内で初めての「自転車レーン」設置に伴い、大阪府警東署と民間団体が合同で9月20日、オープニングセレモニーを兼ねた街頭啓発イベントを開催する。この自転車レーンは、本町通の御堂筋―堺筋間約500mで今月に工事が行われ、運用が始まったばかり。啓発イベントでは、自転車レーンの通行ルールなどをアピールする。

(岡田由佳子)


 大阪市では、自転車事故は年々減少傾向にあるが、自転車対歩行者の交通事故が増加しているという。自転車レーンの設置は「歩行者の安全を第一に考えて」進められるものだが、一方で自転車愛好者にとっては、安全・快適な走行環境確保への大きな一歩になる。大阪市では今回の取り組みの効果を検証しつつ、引き続き自転車にも走りやすい道路の整備に取り組んでいく方針だ。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル制作委員会(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル制作委員会

 イベントには、全国で自転車の交通ルールの認知とマナーアップ啓発活動を行う「社団法人エシカル・サイクル・オーガニゼーション」が協力し、さらに自転車販売チェーンの「サイクルベースあさひ」、台湾の自転車メーカー「ジャイアント」などが連携。パレードやステージイベントなどさまざまな催しを通じて、交通安全意識の向上を呼びかける。

 また、自転車の安全推進と、交通手段としての有効活用を目指す自転車活用推進研究会の小林成基理事と、自転車事故をテーマにした連載記事「銀輪の死角」を担当する毎日新聞記者の馬場直子さんによるトークショー「自転車レーンの大切さ」も開催される。

交差点にも設置。ドライバーには、巻き込みの注意を呼びかける交差点にも設置。ドライバーには、巻き込みの注意を呼びかける
車道の端部、約1mが青色に着色された「自転車レーン」車道の端部、約1mが青色に着色された「自転車レーン」

 なお、今回自転車レーンが設置された区間について、自転車で走る場合はレーン走行が原則となるが、一方で歩道も「通行可」とされている。その場合は「歩行者優先」で「車道寄りを徐行」する必要がある。市などは、自転車で歩道を通行する際のマナーも周知していく考えだ。

歩道にも自転車利用者向けの交通ルール認知を目的とした看板が設置されている歩道にも自転車利用者向けの交通ルール認知を目的とした看板が設置されている

■イベント概要
日時:2013年9月20日(金) 12時~13時30分
場所:【ステージイベント】丸紅株式会社 大阪支社前 公開空地
    〒541-8588 大阪府大阪市中央区本町2丁目5番7号
   【パレード】 本町2丁目交差点から御堂筋までの本町通り西行き車線上
協賛:株式会社アーキエムズ、株式会社あさひ(サイクルベースあさひ)、
   一般社団法人エシカル・サイクル・オーガニゼーション、株式会社ジャイアント、
   弱虫ペダル制作委員会

関連記事

この記事のタグ

自転車レーン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載