“赤切符”を交付自転車一斉取り締まりで信号無視など21人摘発 大阪府警

  • 一覧
自転車の大阪府下一斉取り締まりでは、信号無視のほか2人乗りなどの違反運転が摘発された =大阪府八尾市自転車の大阪府下一斉取り締まりでは、信号無視のほか2人乗りなどの違反運転が摘発された =大阪府八尾市

 自転車事故の多発を受けて大阪府警は10日、大阪府内108カ所で自転車の交通取り締まりを行い、道交法違反容疑で男女計21人を摘発したと発表した。

 取り締まりは9日午前8時~午後6時に実施した。摘発者の内訳は、信号無視が13人▽遮断機の下りかけた踏切への立ち入りが5人▽二人乗りが2人▽運転中の携帯電話使用が1人。いずれも刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)が交付された。

 大阪府警によると、今年の自転車事故は8月末時点で9463件(前年同期比686件減)、うち死亡事故は23件(同2件減)。全体としては減少傾向だが、8月だけでみると死亡事故が7件(同4件増)と急増。交通死亡事故多発警報が発令される事態となっている。

MSN産経ニュースwestより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載