チャリガールMOCOのガールズトーク<16>気の向くままに清流を自転車旅、帰りはホビートレインで輪行 高知・四万十ライドレポート<後編>

  • 一覧

 ようやく、高知龍馬空港から140kmの道のりを走り切り、四万十町の目的地へ到着です。

 今回の旅は、自転車を通じて知り合った観光振興の研究者の方々や、四万十で地域おこしに取り組んでいる皆さんに会いにいく目的がありました。四万十で活動する女性自転車乗りグループの“チャリーナ”さんにも、お会いしたかった!

西土佐商工会のチャリーナの皆さん。レンタサイクルも実施中です西土佐商工会のチャリーナの皆さん。レンタサイクルも実施中です

 到着した日の夜は、地元の四万十市西土佐商工会の皆さんをはじめ、沢山の方々が出迎えてくれました。振る舞ってくれた地元の料理に舌鼓を打ちながら、アツい自転車話に花が咲きます。

四万十市の皆さんの温かいおもてなしをしていただきました四万十市の皆さんの温かいおもてなしをしていただきました

 日本に100頭しかいない四万十牛に、四万十川で採れた川海苔の天ぷら、川エビの姿揚げなどなど、その土地で採れたものを、その場でいただく、とても豊かな気持ちになれたひと時でした。

 やっぱり、どこへ行っても、自転車乗りの日焼け自慢は欠かせないネタですね。ここ四万十でも、健脚ライダーの日焼けは見事でしたよ。レーサーパンツの日焼け跡に、妙な親近感が沸いてきました。

 そして、今年11月3、4日に初開催される「四万十ドラゴンライド」の実行委員長さんや、関係スタッフの方も交え、たくさん飲んで、たくさん情報交換させていただきました。皆さん、とても温かいおもてなしをありがとうございました。

◇           ◇

 翌朝は、地元の方がオススメしてくれた名所へポタリング。道中、レンタサイクルで一人旅をされている女性と会いました。生まれて初めてマウンテンバイクに乗ってみたそうです。

レンタサイクルで気まま自転車一人旅の女性と会いましたレンタサイクルで気まま自転車一人旅の女性と会いました
ライドに備えて空気入れをお借りしました。輪行の旅には心強いスポットですライドに備えて空気入れをお借りしました。輪行の旅には心強いスポットです

 「30分位でお尻が痛くなってきちゃいました」と困り顔でしたが、のんびりと自転車で旅を楽しんでいる姿って、大自然の中では絵になりますよね。

 この四万十市のレンタサイクルは、7か所に設けられた四万十観光協会のターミナルであれば、乗り捨ても出来るそうです。風の向くままに楽しみたい自転車旅には、嬉しいサービスです。

 ランチは、道の駅「四万十とおわ」の「おかみさん市」というバイキングへ立ち寄りました。地元のお母さんたちが心を込めて作ってくれた優しい味付けの品々。四万十川に面したテラスで、思う存分食べちゃいました。やっぱり、楽しく走って、美味しく食べる。これが鉄則ですね!

道の駅“四万十とおわ”のおかみさん市バイキング道の駅“四万十とおわ”のおかみさん市バイキング
地元のお母さんたちが趣向を凝らした、健康的で優しい料理の数々です地元のお母さんたちが趣向を凝らした、健康的で優しい料理の数々です

 そして、私も気の向くままに、四万十川の支流を遡る事に。小さな集落をいくつも越えて、廃校になった小学校も抜けて、川は少しずつ細くなっていきます。そんな小さな川にも、四万十の風物詩として有名な沈下橋がありました。

こんな小さな支流にも、四万十風物詩の沈下橋発見ですこんな小さな支流にも、四万十風物詩の沈下橋発見です

 今年は雨が降らず、水量が少ないとの事でしたが、チロチロと涼しげに泳ぐ野生の鮎がたくさん泳いでいましたよ。辺りをぐるっと見回してみると、水辺の岩の上に、雨乞いしていて干からびてしまった河童を発見し、ぎょっとしました!実はこれ、岩に引っかかった流木だったのですが…。皆さんも、言われてみれば河童に見えませんか?

岩の上で雨乞いする河童に見えるのは私だけ!!?岩の上で雨乞いする河童に見えるのは私だけ!!?
木陰のベンチには先客がいました。四万十の妖精でしょうか?木陰のベンチには先客がいました。四万十の妖精でしょうか?
静かなローカル線のホームに、ド派手な電車が到着です静かなローカル線のホームに、ド派手な電車が到着です

 そんな気ままなポタリングを終えて、四万十自転車旅は終盤です。帰りは楽々電車で空港まで向かう事にしました。すると、駅に到着したのはド派手な電車? なんだかサイケデリックなグラフィックに身を包んだ車両が滑り込んできたのです。

 これは、世界に誇るフィギュアメーカーの海洋堂がプロデュースしたホビートレイン。車両の中には大きなショーケースが鎮座し、数百体のフィギュアが展示されています。

海洋堂ホビートレインで輪行の旅海洋堂ホビートレインで輪行の旅

 現在、この電車は1日に1往復だけの運行だそうです。たまたま乗り合わせたのが、こんなに面白い車両だったとは、とても幸運でした。もしかして、河童のサプライズかな? 電車好きで、フィギュアも好きな自転車乗りにとっては“一石三鳥”の四万十ホビートレインですね!

日本一暑い気温を記録し、一躍有名になった江川崎です日本一暑い気温を記録し、一躍有名になった江川崎です

 今回の“四万十気ままライド”を通して、自転車旅の本質に触れられた気がします。それは、やっぱり、自転車の速度だからこそ感じられる様々な出会いにあること。冒険心をくすぐられ、小さな脇道をスイスイ走れる小回りの良さ。速く走れば沢山の景色と出会えますが、ゆっくり走れば小さな発見の連続です。

 四万十で暮らす方々は、雄大な川の流れのように、とても大らかな方たちばかりでした。たくさんのおもてなしをありがとうございました。

 今度は思い切って、沈下橋から度胸試しのダイブに挑戦してみたいな~っ! しまんと、思いっきり、楽しまんと!

高知・四万十市が「エイドステーション宣言」へ

MOCOチャリガールMOCO
本名:笹本智子。レーサーとして竹芝サイクルレーシングチームに在籍。実業団から市民レースまで様々なレースに参戦している。チャリガールイベントを企画・開催し、自転車を取り巻くすべての人達の「楽しい」「嬉しい」「面白い」を作っている。1980年生まれ。静岡県出身。公式ブログ:http://moco-sasamoto.jugem.jp

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MOCO チャリガールMOCOのガールズトーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載