ツール・ド・フランス2012 第20ステージマイヨ・ジョーヌがトレインを牽く! カヴェンディッシュがシャンゼリゼ4連勝を飾る

  • 一覧

 21のステージで争われる第99回ツール・ド・フランスも、いよいよ最終ステージを迎えた。ランブイエからパリ・シャンゼリゼまでの120km。シャンゼリゼの周回コース(6.5km×8周)に入るまでは、事実上パレード走行となる。このステージでの注目は、なんといってもマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、スカイ プロサイクリング)。シャンゼリゼの最終ステージで3連勝中のカヴェンディッシュの勝利のために、スカイ プロサイクリングが一丸となって動いた。

最終ステージを制したカヴェンディッシュ最終ステージを制したカヴェンディッシュ

 落ち着いたスピードで進む集団の先頭に、4賞ジャージを着用した選手が並ぶ。新人賞のティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)、山岳賞のトマ・ヴォクレール(フランス、チーム ヨーロッパカー)、ポイント賞のペテル・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)、そして個人総合のブラッドリー・ウィギンス(イギリス、スカイ プロサイクリング)だ。4人はカメラマンのリクエストに応じてポーズをとったりしながら、おだやかな表情を見せている。集団の中からは、彼らにお祝いをいいに上がってくる選手の姿も。毎年繰り広げられる、おなじみの光景だ。

エッフェル塔が見えて思わずにっこりするパオリーニエッフェル塔が見えて思わずにっこりするパオリーニ

 このステージでは4級山岳ポイントが2つ設定されている。最初の山岳ポイントでは、促されるようにヴォクレールが抜け出し、大歓声の中を先頭で通過。さらに1ポイントを積み重ねた。

 しかし、シャンゼリゼの周回コースが近づいてくると、集団に緊張感が漂い始める。スカイがコントロールし、パリの中心街へ。コンコルド広場の前を右にカーブしてシャンゼリゼ大通りに入るそのとき、スカイのアシスト陣に腰を押されるようにして先頭に出たのは、ジョージ・ヒンカピー(アメリカ、BMCレーシングチーム)。今シーズンでの引退を発表しているヒンカピーに対する、集団からの計らいだろう。その後には、やはりベテランのクリストファー・ホーナー(アメリカ、レイディオシャック・ニッサン)。

シャンゼリゼを走るプロトンシャンゼリゼを走るプロトン

 大ベテラン2人はすぐに吸収されアタック合戦がかかる。なかなか逃げは決まらなかったが、2周目のシャンゼリゼ大通りには、アタックしたイェンス・フォイクト(ドイツ、レイディオシャック・ニッサン)が先頭で姿を見せる。フォイクトを中心にして11名の逃げ集団ができ、それをメイン集団が20〜30秒差で追う展開が続く。

 残り2周、逃げ集団から多くの選手がこぼれてメイン集団に吸収されるが、フォイクトはルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター チーム)、セバスティアン・ミナール(フランス、アージェードゥーゼル ラモンディアル )とともにまだ逃げる。そしてラスト1周の鐘がなったときも、先頭はフォイクトだった。残り3kmを過ぎたところで逃げたいた選手はすべて吸収されたが、41歳のフォイクトが最後まで存在感を示した。

コンコルド広場を走るマイヨ・ジョーヌコンコルド広場を走るマイヨ・ジョーヌ

 逃げが吸収された後は、スプリント勝負をしたいチームのトレインがせめぎあう。スカイはもちろん、サクソバンク・ティンコフ、リクイガス・キャノンデール、アルゴス・シマノらがしのぎを削る。そして残り1km手前、集団の先頭に立ちスカイのトレインを牽引するのはなんとウィギンス。その後、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、スカイ プロサイクリング)にスイッチするという贅沢な展開。

息子とシャンゼリゼに集まった観客に応えるウィギンス息子とシャンゼリゼに集まった観客に応えるウィギンス
スカイのスタッフと選手たちスカイのスタッフと選手たち

 そしてコンコルド広場から最後の直線に入る右カーブで、早くもボアッソンハーゲンが先頭を離れ、カヴェンディッシュがロングスプリントを仕掛ける。ゴールまで350m、食らいつくのはマシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)、サガンは不意をつかれたか遅れをとっている。もともとロングスプリントには定評があるカヴェンディッシュ。ゴスやサガンを寄せ付けず、指を4本立てて雄叫びを上げながらゴール! 見事にシャンゼリゼ4連勝を達成した。

 その後方では、ウィギンスがガッツポーズ。そして頭の上で両手を叩きながら、マイケル・ロジャース(オーストラリア、スカイ プロサイクリング)と顔を見合わせ、握手をした。そしてゴールラインを越えて、コース脇でチームメイトと熱い抱擁を交わす。ウィギンスの、チームの、そしてイギリス・サイクリング界の夢が叶った瞬間だった。

イギリス国旗をかざすウィギンスイギリス国旗をかざすウィギンス
凱旋門の前で愛車を掲げる新城幸也凱旋門の前で愛車を掲げる新城幸也

 新城幸也(日本、チーム ヨーロッパカー)はステージ32位、総合84位で完走。今や日本人の出場と完走は珍しくなくなったが、総合2ケタ順位での完走は初めてだ。ステージでの活躍とともに総合結果でも着実な進化を見せた新城。一週間後のロンドンオリンピックでの走りも期待せずにはいられない。

 
(文 須賀川健一/写真 砂田弓弦)

第20ステージ結果
1 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、スカイ プロサイクリング) 3時間8分7秒
2 ペテル・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール) +0秒
3 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) +0秒
4 フアンホセ・アエド(アルゼンチン、チーム サクソバンク・ティンコフバンク) +0秒
5 クリス・ベックマン(ベルギー、ヴァカンソレイユ・DCM) +0秒
6 グレゴリー・ヘンダーソン(ニュージーランド、ロット・ベリソル チーム) +0秒
7 ボルト・ボジッチ(スロベニア、アスタナ プロチーム) +0秒
8 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル チーム) +0秒
9 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、スカイ プロサイクリング) +0秒
10 ジミー・アングルヴァン(フランス、ソール・ソジャサン) +0秒
32 新城幸也(日本、チーム ヨーロッパカー) +0秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、スカイ プロサイクリング) 87時間34分47秒
2 クリストファー・フルーム(イギリス、スカイ プロサイクリング) +3分21秒
3 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール) +6分19秒
4 ユルヘン・ヴァンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル チーム) +10分15秒
5 ティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +11分4秒
6 アイマル・スベルディア(スペイン、レイディオシャック・ニッサン) +15分41秒
7 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +15分49秒
8 ピエール・ローラン(フランス、チーム ヨーロッパカー) +16分26秒
9 ヤネズ・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ プロチーム) +16分33秒
10 ティボー・ピノ(フランス、エフデジ・ビッグマット) +17分17秒
84 新城幸也(日本、チーム ヨーロッパカー) +2時間29分13秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 ペテル・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール) 421 pts
2 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル チーム) 280 pts
3 マシュー・ゴス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 268 pts
4 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、スカイ プロサイクリング) 220 pts
5 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、スカイ プロサイクリング) 160 pts
6 ブラッドリー・ウィギンス(イギリス、スカイ プロサイクリング) 144 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 トマ・ヴォクレール(フランス、チーム ヨーロッパカー) 135 pts
2 フレデリック・ケシアコフ(スウェーデン、アスタナ プロチーム) 123 pts
3 クリスアンカー・ソレンセン(デンマーク、チーム サクソバンク・ティンコフバンク) 77 pts
4 ピエール・ローラン(フランス、チーム ヨーロッパカー) 63 pts
5 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) 51 pts
6 クリストファー・フルーム(イギリス、スカイ プロサイクリング) 48 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 ティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) 87時間45分51秒
2 ティボー・ピノ(フランス、エフデジ・ビッグマット) +6分13秒
3 スティーフェン・クルイシュウィック(オランダ、ラボバンク サイクリングチーム) +1時間5分48秒
4 レイン・タラマエ(エストニア、コフィディス ルクレディアンリーニュ) +1時間16分48秒
5 ゴルカ・イサギレ(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ) +1時間21分15秒
6 ラファエル・バルス(スペイン、ヴァカンソレイユ・DCM) +1時間26分53秒

チーム総合
1 レイディオシャック・ニッサン 263時間12分14秒
2 スカイ プロサイクリング +5分46秒
3 BMCレーシングチーム +36分29秒

スーパー敢闘賞
クリスアンカー・ソレンセン(デンマーク、チーム サクソバンク・ティンコフバンク)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載