新製品情報タウン向けMTBスタイルを復刻したフジ「MTF」 80年代の名車「Mt. Fuji」を継ぐデザイン

  • 一覧

 街に溶け込むデザインでストリートバイクファンを魅了してきた「FUJI」(フジ)から、“マウンテンスタイル”バイクの「MTF」が2013年11月に登場する。MTFは、80年代のマウンテンバイクブームの際に一世を風靡したバイク「Mt. Fuji」のコンセプトやデザインを受け継ぎながら、カスタマイズの互換性がある現在のニーズに合ったパーツを採用した“温故知新”のバイクだ。

FUJI「MTF」(サーモンピンク)FUJI「MTF」(サーモンピンク)
ブルムースバーが印象的な「MTF」のフロント部分。販売時にはヘッドチューブにエンブレムが付属するブルムースバーが印象的な「MTF」のフロント部分。販売時にはヘッドチューブにエンブレムが付属する

 MTFは、スマートなシルエットのクロモリフレームをシートアングルが69度に仕立て、26インチのMTBタイヤを組み合わせたシティユースのバイク。ユニークなハンドル形状の「ブルムースバー」は当時のデザインを踏襲しているものの、強度面やカスタマイズ性などを考慮したステムのデザインとなっている。バーに設置された1本レバーの変速装置「サムシフター」がクラシカルな雰囲気を引き立てている。

 前後とも標準装備のカンティレバーブレーキからディスクブレーキへの変更が可能。変速はリアが11-34Tの8速、フロントはシングルとなるが、多段化にも対応する。

8速のサムシフター8速のサムシフター
「MTF」のステム部分とロゴ「MTF」のステム部分とロゴ
ディスクブレーキへの変更も可ディスクブレーキへの変更も可

 カラーは、オレンジ系パールカラーが柔らかく反射するサーモンピンクと、つややかな黒が美しいグロスブラックの2色展開。付属のペダルやサドルのカラーは、フレームカラーによって異なる。

 フジは現在、アメリカに本社を構えるが、かつて日本で誕生し、「日米富士自転車」として親しまれたメーカーだ。今でもアジア向けバイクラインナップの企画は日本で行なわれ、MTFもそのひとつだという。

 特にMTFは「日米富士」時代の資料を基に生み出されており、歴史的な背景も興味深いモデルだ。フジのバイクを日本で販売するアキボウは「当時の思い出がある年配の人だけでなく、若い人にも喜んでもらえるデザイン」とアピール。2014年モデルのイチオシだという。

「MTF」サーモンピンクの「FUJI」のロゴは控え目なカラーリングだ「MTF」サーモンピンクの「FUJI」のロゴは控え目なカラーリングだ
「MTF」グロスブラックのフロント部分「MTF」グロスブラックのフロント部分

FUJI「MTF」
カラー: サーモンピンク、グロスブラック
サイズ: 48、52、57cm
重量: 12.5kg
完成車価格 : 78,000円(税別)


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

フジ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載