オメガファルマ・クイックステップが実戦で使用スペシャライズドのレース用タイヤ「S-Works Turbo」に24mmクリンチャーが登場

  • 一覧
S-Works Turbo 24S-Works Turbo 24

 SPECIALIZED(スペシャライズド)から新しいレース用クリンチャータイヤ「S-Works Turbo 24」が発売された。従来の21mm、23mmよりも太い24mm幅とし、ハイスピードとハイグリップを両立。また、新開発されたコンパウンドと耐パンクベルトが、高い接地力と対パンク性をもたらした。欧州トッププロチームのオメガファルマ・クイックステップがUCIプロツアーの実戦で使用する、まさにレースで勝利を狙える高性能タイヤだ。

 S-Works Turbo 24は、製品名にもあるように、タイヤ幅を24mmへ広げた点が大きな特徴だ。これによりスピードの維持、グリップの確保、乗り心地、耐パンク性などさまざまな性能を高次元でバランスさせている。

 また、独自に開発したGRIPTON(グリプトン)コンパウンドによって接地力が向上した。コンパウンドの開発で最も重要なのは、硬度と反発力の理想的なバランスを見つけること。グリプトンは、専任のスタッフがわざわざタイヤの生産工場とは別の原材料メーカーでコンパウンドの配合を行い、そこで出来上がったものをタイヤ工場へ送って加工する、という手間のかかるプロセスを経て完成する。スペシャライズドでは完全に独立した配合プロセスを有しており、ここにトラクション、コーナーリング、転がり抵抗に関するパフォーマンスの源泉が詰まっている。

S-Works Turbo 24S-Works Turbo 24

 トレッドの下にはBlack Beltという耐パンクベルトを織り込んだ。Turbo 24には第2世代の技術が投入され、垂直方向のコンプライアンスに影響を与えることなく、サイドウォールの下まで耐パンク層を拡張することにより、従来よりも広い範囲でより強力な耐パンク性能を実装している。

 S-Works Turbo 24の開発には、オメガファルマ・クイックステップが全面的に協力。トム・ボーネン(ベルギー)がオフシーズンに開発キャンプに参加したほか、春のクラシック、グランツールなどシーズンを通じて実戦で使用している。今年のティレーノ~アドリアティコのチームTTではチームに勝利をもたらした。最終ステージの個人TTでも勝利したトニー・マルティン(ドイツ)は、「雨天のレースにも関わらず、晴天時のようなグリップで走ることができた」とコメントしている。

■S-Works Turbo 24
価格:6,615円(税込)
カラー:ブラック
サイズ:700x24c
推奨空気圧:115-125 PSI
重量:約205g
問い合わせ先:スペシャライズド・ジャパン TEL 046-297-4373


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

スペシャライズド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載