新製品情報“山のプロフェッショナル”「ディナフィット」が新展開するサイクルウェア&グッズ 2014年春発売

  • 一覧

 スキー関連のグッズ・ウェアを展開する「Dynafit」(ディナフィット)が、2014年春夏モデルから、日本でもサイクルウェア製品の販売に乗り出す。ヨーロッパ・アルプスを駆け巡る“山のプロフェッショナル”たちが手がけたウェアは、気候が変わりやすい山の過酷な環境に対応し、さらに快適性を追求したラインナップとなっている。同社製品を取り扱うアクタスの展示会では、ヨーロピアン・テイストのカラフルなジャージやアウタージャケットがズラリと並んだ。

新製品を説明するアクタスのマーケティング担当ピヒラ・イザベルさん新製品を説明するアクタスのマーケティング担当ピヒラ・イザベルさん

通勤やロングライドに活躍する滑り止め付き 「グラベル」

 「Gravel(グラベル) S/S Full Zip-T」は、バックポケットの備わるフルファスナー半袖ウェア。男女別のデザインが、それぞれブルー系とイエロー系の2色で展開される。ディナフィットの鮮やかなカラーのウェアは、すべてイタリアンデザイン。さらに「Made in ヨーロッパ」を掲げ、素材や縫製の品質維持に努めているという。

鮮やかなカラーのディナフィットのウェア鮮やかなカラーのディナフィットのウェア
「Gravel S/S Full Zip-T」(男性、sparta blue)のバック「Gravel S/S Full Zip-T」(男性、sparta blue)のバック
ディナフィットのサイクルウェアは肩部分に滑り止めが施されているディナフィットのサイクルウェアは肩部分に滑り止めが施されている

 最大の特徴は、肩部分に施された滑り止め。バックパックのショルダーストラップをずれ落ちにくくする工夫だ。このほか、他のディナフィット製品と同様の基本性能として、早朝・夕方のライドに活躍するリフレクタープリントや、生地にSPF50以上のUVプロテクション機能が備わる。わきの下とフロント上部はマイクロメッシュ素材を採用したパネルで通気性も確保されている。

 「Gravel DST Short Tights」は、他社製サイクルウェアでも多く使われているサイクリングパッドの名門「TMF」のシャモアを採用。ロングライドに適した3Dジオメトリーデザインが男女それぞれのモデルに用いられている。体のパーツと動きに合わせたカッティングとパネル、ウエスト部内側のソフトタッチな素材がストレスのないライドを可能にする。背面にはファスナーポケット、リフレクター付き。

「Gravel DST Short Tights」(左からfiji blue、black、sparta blue)「Gravel DST Short Tights」(左からfiji blue、black、sparta blue)
「Gravel DST Short Tights」ウエスト部分には肌当たりがやわらかい素材「Gravel DST Short Tights」ウエスト部分には肌当たりがやわらかい素材

「Gravel S/S Full Zip-T」
カラー: (男性)sparta blue、citro (女性)fiji blue、cactus
サイズ: (男性)S、M、L、XL (女性)40/34、42/36、44/38、46/40
本体価格: 17,000円
 
「Gravel DST Short Tights」
カラー: (男性)sparta blue、black (女性)fiji blue、black
サイズ: (男性)S、M、L、XL (女性)40/34、42/36、44/38、46/40
本体価格: 14,000円

 

袖を着脱して環境変化に対応 「トランスアルパー」「トランスフォーマー」

袖をファスナーで付け外し可能な「Transalper JKT」袖をファスナーで付け外し可能な「Transalper JKT」

 「Transalper(トランスアルパー) JKT」は、スリーブ(袖)がファスナーで付け外し可能なジャケット。背面のベンチレーションといった機能のほか、透湿性と防風性、保温性に優れる素材を用い、変わりやすい天候や標高差に対応する。男女とも2色展開、バックポケット付き。

 また、小さく折りたためる「Transformer(トランスフォーマー) WS U JKT」をラインナップ。ウインドストッパー機能が備わるフード付きジャケットだが、ファスナーで袖とフードを取り外せばベストとしても使用できる。総重量は240gと軽量だ。

「Transformer WS U JKT」はポケッタブル「Transformer WS U JKT」はポケッタブル
ベストの状態にした「Transformer WS U JKT」を着る飯塚淳二アクタス専務取締役ベストの状態にした「Transformer WS U JKT」を着る飯塚淳二アクタス専務取締役

 マルチに活躍するオーバーパンツ「Shore U Shorts(ショア ショーツ)」は、ゆったりとしたシルエットながら腰回りのフィット感を高めた。伸縮性のある素材で激しい動きにも対応し、背面のベンチレーションで通気性を確保した。

「Shore U Shorts」(右奥sparta blue、手前black、左は2013年のカラー)「Shore U Shorts」(右奥sparta blue、手前black、左は2013年のカラー)
よく伸びる素材が使われている「Shore U Shorts」よく伸びる素材が使われている「Shore U Shorts」

「Transalper JKT」
カラー: (男性)flame、sparta blue (女性)azalea、fiji blue
サイズ: (男性)S、M、L、XL (女性)40/34、42/36、44/38、46/40
本体価格: 28,000円
 
「Transformer WS U JKT」(男女兼用)
カラー: sparta blue、flame、black
サイズ: S、M、L、XL
本体価格: 30,000円
 
「Shore U Shorts」(男女兼用)
カラー: flame、sparta blue、black(citro)、black(flame)
サイズ: S、M、L、XL
本体価格: 16,000円

 

背中にもヒップにもフィット 2ウェイバックパック「パフォーマンス」

 12リットルのバックパック「X7 Performance(パフォーマンス)」は、ヒップバッグ形状に変えることができる2ウェイデザイン。軽量化・操作性を意識したアジャスティング機能により、瞬時に体にぴったりとフィットさせることができる。ボトルホルダー、外付けパネルによるヘルメットホルダーのほか、バイクを運ぶことを想定したバイクハンガーが付属する(取り外し可能)。

「X7 Performance」のバックパック状態(左)とヒップバッグ状態「X7 Performance」のバックパック状態(左)とヒップバッグ状態
「X7 Performance」には自転車を担ぐ際に役立つハンガーが付属「X7 Performance」には自転車を担ぐ際に役立つハンガーが付属

 アクセサリーには、MTB用グローブのフル、ハーフフィンガーを用意。風や寒さなどから指を守る3フィンガーのガードが、甲部分のポケットに収納されている。

「X7 Performance Glove」(フルフィンガー)「X7 Performance Glove」(フルフィンガー)
ガードをした際の手のひら側ガードをした際の手のひら側

「X7 Performance」(バックパック)
カラー: sparta blue、citro
容量: 12L
重量: 300g
本体価格: 13,000円
 
「X7 Performance Glove」(フルフィンガー)
カラー: chlorophil、black
サイズ: XS、S、M、L
本体価格: 9,000円
 
「X7 DYNA Glove」(ハーフフィンガー)
カラー: chlorophil、black
サイズ: XS、S、M、L
本体価格: 7,500円

◇            ◇

 ディナフィットは今年4月、ヨーロッパ・アルプスの7つの頂を7日間、社員7人が制覇する企画「X7」を実施。山腹までの道を、スキー板とバックパックを背負い、マウンテンバイクで進むなどしながら、製品の品質やコンディションを確認し、フィードバックしているという。ヨーロッパでは、MTBダウンヒルのために自転車をかついで上るライダーや、トレイルランニングなど過酷なシーンに挑むアスリートの間で同社製品のファンも多いという。

 販売は来春より、全国のアウトドアスポーツ店やディナフィットのショッピングサイト(2013年冬にオープン)を予定している。


フォトギャラリー

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載