バイクインプレッション2013「KUOTA KIRAL」 硬派なルックスの中に快適さを秘めた、万能な新機種

  • 一覧

 クォータはカーボン素材に精通したイタリアのバイクブランド。ますますパワフルになったラインナップのなかから今回試乗するのは、2014年モデルのキラルだ。レーシーなイメージの強いクォータのなかでは快適系に振られたニューモデルで、同社のレーシングモデルに比較するとヘッドチューブとホイールベースがわずかに長く設計されている。ライダーの入力をバネのように反発力に変換し、快適な乗り心地と速やかな反応を両立するという頼もしさだ。

「KUOTA KIRAL」(クォータ キラル)「KUOTA KIRAL」(クォータ キラル)

KUOTA KIRAL(クォータ キラル)
アルテグラDi2完成車 524,000円

アルテグラ完成車 400,000円

105完成車 314,000円

フレームセット 248,000円
カラー:ホワイト、グリーン
サイズ:XS(445)、S(465)、M(490)、L(510)
問い合わせ先:インターマックス http://www.intermax.co.jp/products/kuota/

 

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ: FSA・SL-Kライト メガエクソコンパクト(完成車仕様はアルテグラ) 50×34T
ホイール:ヴィジョン・トライマックスTC50(完成車仕様はマヴィック・アクシウム)
重量:1100g( Lサイズ・フレーム)

チェーンステーは左右で太さが異なり、ドライブの反対側の方がボリュームがある チェーンステーは左右で太さが異なり、ドライブの反対側の方がボリュームがある
振動吸収性の向上を狙い、ヘッドチューブからトップチューブにかけて、サイドに凹みを施したフレームデザインが特徴的振動吸収性の向上を狙い、ヘッドチューブからトップチューブにかけて、サイドに凹みを施したフレームデザインが特徴的
シートピラーの固定ボルトはトップチューブの上端に位置するシートピラーの固定ボルトはトップチューブの上端に位置する

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

米山 新型車だけど、特徴的なプロポーションながらクォータらしさが強く感じられるモデルだったね。ブランドのなかではコンフォート系のモデルということだけど、乗ってみてどうだった?

松尾 快適系という位置付けながらも、しっかりとした剛性感で、なにをしてもキビキビと走ってくれる優等生でした。

米山 たしかに加速はじめ、どれをとっても不足のない満足のいくレベルにある。一つ抜きん出ていたのは、重量感のある剛性ではなく、わかりやすい踏み出しの軽さが感じられるところかな。 上りが楽しめていいかもね。

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 ええ、反応は良かったですね。下りもマッチョなフレーム構造を活かして安定していました。少し切れ込む感じがありましたが、マイナスイメージにはなっていません。コンフォート系というと、もっとゆったりと乗るロングライド向きのイメージですが、キラルに関しては、良い意味で普通のロードバイクです。

米山 コンフォートといっても、やはりクォータ。

松尾 もちろん、メーカーが意図しているだけあって、快適さについても良いレベルにあります。一見エアロフレームのような硬派な印象でいて、じつは快適性も持ち合わせているのがこのモデルの魅力の1つですね。

米山 うん。ロングライド向き一辺倒ではなく、なんでもこなせるフレームだ。今回、試乗はトップモデルのKOMと合わせて乗ったけれど、キラルはキャラクターが違うが良いバイクだと思ったよ。

松尾 反応の良さはあるものの、KOMのほうが安定性は高かったですね。でも、KOMよりも芯を感じて好印象な部分もありました。

米山 キラルにはディスクブレーキ仕様モデル「キドラ」という兄弟車種があるね。昨年から徐々にロードバイクにディスクブレーキ仕様を装備したモデルが、登場しているけど、クォータもその流れをフォローした。キドラはハードな制動力に耐え得るように、フォークの剛性が高められ、リヤエンドも強化されているそうだよ。

松尾 キドラも乗ってみたいですね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

クオータ バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載