パワーアップした新コースに挑戦日向涼子さんが美しい海岸に感動し、グルメも満喫 「ツール・ド・三陸」試走レポート<前編>

  • 一覧

 10月5、6日に岩手県陸前高田市と大船渡市で開催される「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた・おおふなと」に、最長距離の「健脚コースS」が新設され、ホストライダーを務めるモデルの日向涼子さんらが試走した。走りがいのあるコースや美しい景観、そして三陸のグルメも堪能した日向さんの試走レポートを、2回に渡ってお届けします。

◇           ◇

「いかせんべいソフト」を手に、笑顔を見せる日向涼子さん「いかせんべいソフト」を手に、笑顔を見せる日向涼子さん

昨年は堪能できなかったグルメを、今年こそ


「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた」メインビジュアル「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた」メインビジュアル

 1年前、初めて開催された「ツール・ド・三陸」に私、日向涼子はホストライダーとして参加しました。町の人たちのあたたかい声援、エイドステーションのおいしい食べ物、意外にハードで走りがいのあるコース…素敵な思い出を重ねつつ、あっという間に過ぎていった1日でした。

 再びホストライダーを務める第2回大会は、どんな楽しみが待っているでしょうか。

 …ん? そういえば、昨年は任務を遂行することに手一杯で、三陸のグルメを堪能しないまま東京に戻ってしまいました。エイドステーションでいただいたおやき「めぐ海(み)焼き」は確かにおいしかったけれど、他にもおいしい特産品がたくさんあったはず―。

 さっそくインターネットで検索すると…むむむっ、海産物だけでなくスイーツもあるではないか! ウェイトコントロールが重要なヒルクライムレースが控えているのも忘れ、私の中の“食いしん坊”がニョキニョキと頭をもたげてきました。

りんご園で撮影。大会当日は赤い果実が見られるかもりんご園で撮影。大会当日は赤い果実が見られるかも

 そんな時、ツール・ド・三陸の提唱者の一人である実行委員会のIさんから「今年は大船渡までコースが延びたよ、行くよ!」と新コース試走の誘いが舞い込みました。

 「やりましたね! せっかくだから陸前高田と大船渡のグルメレポートもしちゃいましょうよ」。私はあらかじめ調べておいたグルメ情報をメールで送りつけ、返事を待ちました。もちろん答えは分かっています。
相手は私と同じくらい食いしん坊なのだから。

さあ、上り坂! その前に腹ごしらえ

 試走当日の朝、陸前高田のバイクショップ「佐藤輪業」には、大会実行委員長で歯科医の吉田正紀先生、前日の仕事が長引いて寝不足という実行委員会のHさん、食いしん坊ヒルクライマーのIさん、同じく食いしん坊モデルの日向涼子という個性ある4人が集合しました。自転車を組み立て、空気を入れて、出発!

自転車を組み立て、いざスタート自転車を組み立て、いざスタート
舗装され走りやすくなった道路舗装され走りやすくなった道路

 スタートしてすぐ、昨年はまだ復旧途中で砂利道だった部分が舗装され、とても走りやすくなっていました。「みんなで自転車を降りて、押して歩きましたね」と1年前を思い出しながら進むと、左手には建設中のホテルが現れてきました。

 「来年も開催できたら、きっと満室だろうな」。さらに復興が進む姿を思い浮かべると、来年も開催できることを願わずにいられません。

 少し進むと、いよいよアップルロードへ。このバイパス道路の途中に、今回のコースで一番標高が高い地点があります。グッと構えてフォームを整え、坂に備えました。

人気店「こんの直売センター」人気店「こんの直売センター」

 すると、「こっち、こっち!」と呼ぶ声が聞こえました。吉田先生が指し示す方角へ目を向けると、「こんの直売センター」という特産品店の看板。私たちは「腹が減っては戦ができぬ」と、坂を上る前に食堂でお腹を満たすことにしました。

 店内はすでに満席で、行列までできていました。どうやら“売り切れごめん”の人気店のようです。地元の吉田先生がやけに急いでいたのは、そういうことかだったのか!

ふわふわ、プリプリ…私を誘惑

 ようやく席に着き、どんぶりかラーメンか迷った末、私はホタテ丼を注文しました。出汁(だし)がきいたふわふわの卵に包まれたプリプリのホタテは、まるでおくるみに包まれた赤ん坊のよう。かわいらしくて美味しそうな料理を前に、自分のオーダーは「正解!」と、心の中でガッツポーズが出ました。

こんの直売センター「ホタテ丼」こんの直売センター「ホタテ丼」
こんの直売センター「磯ラーメン」こんの直売センター「磯ラーメン」

 ところが、ふと隣に目をやると、透き通ったスープの中でホタテと海藻が泳ぐ「磯ラーメン」が、“俺もうまいんだけどな~”と私を誘惑するのです。「次に訪れた時は磯ラーメンを食べよう」と心に強く決めて、再び走り出しました。

 アップルロードは、その名の通り周辺にりんご園が連なる中を縦断している幹線道路です。りんごの品種によっては、ツール・ド・三陸が開催される時期に実るものもあるとか。
果物に目がない私は…

 って、さっきから食べ物の話ばかりですが、まだまだ続きます(笑)。

パワーアップした「健脚コースS」で大船渡市へ

腹ごしらえして、「健脚コースS」試走開始腹ごしらえして、「健脚コースS」試走開始

 アップルロードを下り、大船渡市へ。昨年までの健脚コース(38.9km)が拡張され、パワーアップした健脚コースS(49.3km)が設定されました。パワーアップと言っても、普段から走り慣れている人は、「50km以下なんて物足りない!」とおっしゃるかもしれません。

 でも、甘くみない方がいいかも。従来の健脚コース自体、かつてロードレースが行われていた道で、昨年の試走では片山右京さんに「ここはアップダウンが激しくて、走りごたえがあるね!」と言わしめたほどです。その難コースを延長したのだから、健脚コースSはなんとも楽しすぎます!(笑)

 エイドステーションとなる予定の碁石海岸レストハウスで、私は再びグルメ探索。顔ほどの大きさがある「鮪かぶと煮」に興奮し、お土産の定番「かもめの玉子」や、三陸海岸の伝統的な料理である「いちご煮」、3種の味が楽しめる「いかせんべい」…と品定めが続きます。

碁石海岸レストハウスで発見した「鮪のかぶと煮」碁石海岸レストハウスで発見した「鮪のかぶと煮」

 ただ、どれもジャージのポケットには入らないので、泣く泣く諦めるしかありません。食堂では「さんまら~めん」という魅力的な文字も目に入りました。「さっきどんぶりを食べたばかりじゃなければ…」。

 代わりに、売店で発見した「いかせんべいソフト」なるものを注文。「キワモノスイーツ?!」と思ったら、いかせんべいが乗ったソフトクリームでした(ほっ…)。

碁石海岸の絶景は新コースのハイライト

碁石海岸にはアカマツが立ち並ぶ碁石海岸にはアカマツが立ち並ぶ

 レストハウスの裏手にまわると、松林と巨岩と青い海! 絵に描いたような美しい景観が広がっていました。青い海というと南の島しか思い浮かばなかった自分が恥ずかしい…。

 しかも、岩壁の洞窟に波が打ち寄せて「ドーン」と当たる音が、大迫力!。雷のように鳴り響くことから、この岩は「雷岩」と名付けられています。

 レストハウスから少し走ると、碁石浜に着きました。打ち寄せる波に流され碁石のようにピカピカに磨かれた石が、一面に敷き詰められた浜辺です。波打ち際では、カップルやファミリーが楽しそうに遊んでいました。

石が一面に敷き詰められた碁石浜石が一面に敷き詰められた碁石浜
碁石のように磨かれた石碁石のように磨かれた石

 この日、ピチピチのジャージにお尻がモコモコしたレーパン姿で現れた私たちは、人目を引いたようでした。けれど「ツール・ド・三陸」の当日は、みんなが自転車乗りなので、気にすることはありません。せっかくの機会なので、三陸の美しいコースを心ゆくまで満喫しちゃいましょう!

(レポート 日向涼子)

日向 涼子 日向 涼子(ひなた・りょうこ)

企業広告を中心に活動するモデル。食への関心が高く、アスリートフードマイスター・食生活アドバイザー・フードアナリストの資格を持つ。2010年よりロードバイクに親しみ、ヒルクライム大会やロードレース、サイクリングイベントへ多数出場。自転車雑誌「ファンライド」で『銀輪レディの素』を連載中。ブログ『自転車でシャンパンファイトへの道』( http://ameblo.jp/champagne-hinata/ )

「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた・おおふなと」大会概要
 
★レンタルサイクルも用意されました
シティサイクル(内装3段式)…40台 スポーツ車…10台
 ※事前申込状況により台数に変動あり
 
【募集要項・開催概要(抜粋)】
■開催場所:岩手県陸前高田市内及び周辺コース
■開催日程:2013年10月5日(土):大会受付、前日祭
            6日(日):走行イベント、子供自転車教室
■参加種目:健脚コースS(約49km)、健脚コースA/B(約39km)、ファミリーコース(約18km)
■参加者数:800名予定(健脚コース700名、ファミリーコース100名)
 ※上記以外にサイクリングリーダーなどスタッフ約200名が参加
■参加資格:小学生以上の健康な男女で、各コースを制限時間内で完走できる走力を有する方
※小・中学生の申込は保護者の同伴が必要 ※18歳未満の申込は保護者の同意が必要
■参加費用:健脚コース 8,000円、ファミリーコース 3,000円(税込)
※プログラム参加費、記念品、特別補償保険料を含む ※別途エントリー手数料が必要
■申込ページ:スポーツエントリー
■申込締切:9月23日(月・祝) ※定員になり次第締切
 →当初の締切(9月15日)から申込期間が延長されました

■「ツール・ド・三陸」 大会ホームページ

 


関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸 日向涼子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載