title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<11>南信州の「養命酒駒ヶ根工場」併設カフェ、「ヒーリングテラス」 森の中で堪能する癒やしの食材

  • 一覧

見どころいっぱいの“みやだクリテ”周辺

 長野県で開催されるロードレースは一年をとおしていくつかありますが、ここ数年続けて参加しているレースに駒ヶ根市で開催される「みやだクリテリウム」があります。避暑といえば長野の上高地や野辺山などがよく知られていますが、ここ南信州の駒ヶ根市も南アルプスと中央アルプスを眺められて避暑によい場所です。

緑に囲まれたテラス席はマイナスイオンたっぷりでリラック効果大=長野県駒ヶ根市緑に囲まれたテラス席はマイナスイオンたっぷりでリラック効果大=長野県駒ヶ根市

 駒ヶ根市には派手さはありませんが、見所が点在しています。そのひとつが、「養命酒駒ヶ根工場」です。中央アルプス山麓は、ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、リキュール類などお酒の一大産地なのです!

 レース前日にお酒!?…って思うじゃないですか。いやいや、養命酒の工場はお酒だけじゃありません。工場は、小川も流れる広大な森林「駒ヶ根工場 養命酒健康の森」の中に作られ、自然散策路まであるのです。そして、そこには素敵なカフェが併設されています。

 私はいつもレースの前日はここを訪れ、小川に足をつけたり、カフェで森林浴をしてマイナスイオンを全身に浴びてレース前にリラックスします。レース結果に結びつくかは別ですが…。

木々の間を通る「ヒーリングテラス」の入口木々の間を通る「ヒーリングテラス」の入口

体想いのカフェ「ヒーリングテラス」

とても親切で健康的なカフェスタッフが出迎えてくれるとても親切で健康的なカフェスタッフが出迎えてくれる

 カフェの特徴は、なんといっても体にやさしいハーブを使用したメニューが取り揃えられていることです。さすが養命酒の工場だけあります。

 今回オーダーしたのは、一番人気の「生姜と木の実のはちみつケーキ」(380円)、と陳皮・クコの実・黒豆・梅が入った「恵天茶」(500円)。ケーキはほどよいクリームの量でさっぱり、カロリーは控えめな感じです。恵天茶は、梅干から抽出された自然な甘みがある、やさしい味です。ポットの中に入っている素材は、お茶を飲んだあとに食べることができますよ。お茶うけには、ドライフルーツのサンザシとマンゴーがついてきました。

「生姜と木の実のはちみつケーキ」「生姜と木の実のはちみつケーキ」
恵天茶のお茶うけにはドライサンザシとドライマンゴー恵天茶のお茶うけにはドライサンザシとドライマンゴー
「生姜と木の実のはちみつケーキ」はさっぱりした味「生姜と木の実のはちみつケーキ」はさっぱりした味

 さらに、「駒ヶ根工場スペシャルゼリー」(300円)と「たんぽぽカフェオレ」(350円)をいただいてみました。ゼリーは工場の清水を使い、黒豆茶をベースに3種のハーブを使用した大人の味。たんぽぽカフェオレは、ノンカフェインのたんぽぽコーヒーとシナモン、クローブ、カルダモンの3種をブレンドした体に優しいドリンクです。普段はコーヒーと緑茶が好きでカフェインたっぷりの生活をしている私ですが、口の中で広がる香りがとても爽やかでこんな味もいいなあと、はまってしまいそうな味でした。

 今回は食べることができませんでしたが、11:30からのランチタイムには季節ごとの食事をいただくことができます。これもまたハーブを使った健康メニューになります。私が訪れたときには、夏休み限定の「ガパオライス」(800円)が用意されていました。

◇      ◇

 夏もいいですが、これから秋に向けてこの土地の魅力は益々増してくると思います。山の紅葉、おいしい新蕎麦…そしてせっかくですから1泊して、駒ヶ根市街で10月4日に行なわれる「中央アルプス山麓美酒フェスタ」で秋の夜長に美酒に酔いしれるのもよいかと思います。私はその時期まだレースが続くのでオフではありませんが、泊まりがけの山トレーニングとして来るのも手か?…なんて考えたりしています。

養命酒駒ヶ根工場併設カフェ「ヒーリングテラス」
所在地: 長野県駒ヶ根市赤穂16410 養命酒駒ヶ根工場
TEL: 0265-82-3311
営業時間: 9:30~16:30(ランチタイム11:00~14:00)
定休日: 年中無休
HP: http://www.yomeishu.co.jp/forest/shop/cafe.html

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載