バイクインプレッション2013「RITEWAY SHEPHERD CITY」 街にも人にもよく馴染む、誰もが気軽に楽しめるエントリー向けバイク

  • 一覧

 ライトウェイは、細やかな気が利いたカラフルで優しい印象のバイクが並び、小さなサイズから揃う、日本人に乗りやすいスポーツサイクルブランドだ。普段使いの楽しい相棒を探すなら車種も豊富で、思い通りのスタイルの1台が見つかるかもしれない。シェファードシリーズは同社の中でも主力のクロスバイクで、シェファードシティは1台あれば利便性が高く、長く付き合えるだろう。また、フレームカラーはパール系で統一され、ダブルクリアコートを施した鮮やかな10色から選べるのは嬉しい。

「RITEWAY SHEPHERD CITY」(ライトウェイ シェファード シティ)「RITEWAY SHEPHERD CITY」(ライトウェイ シェファード シティ)

RITEWAY SHEPHERD CITY(ライトウェイ シェファード シティ)
価格:52,290円(フレームセット)
サイズ:380、420、460、500
カラー:オレンジパール、ダークボルドーパール、レッドパール、キウイグリーンパール、ブルーパール、ヌブラホワイトパール、ターコイズパール、パープルパール、ダークブラウンパール、イエローパール
問い合わせ先:ライトウェイプロダクツジャパン http://www.riteway-jp.com/bicycle/riteway/2014/riteway2014.html

 

スペック

フレーム:6061アルミ
フォーク:軽量スチール エアロブレード
ギヤ:シマノ・FC-M171 42×34×24T、CS-HG41(8S)
変速機:シマノ・FD-M190(F)、ALTUS RD-M310(R)
重量:11.8kg

リヤメカにはシマノ・アルタスを採用。全24段変速を備える リヤメカにはシマノ・アルタスを採用。全24段変速を備える
シフターにもシマノ製を採用し、ベーシックなモデルながら、不足のない信頼できる装備が魅力だ シフターにもシマノ製を採用し、ベーシックなモデルながら、不足のない信頼できる装備が魅力だ
鮮やかなパール系の車体カラーの上に入るブランドロゴには、反射性のあるデカールを採用 鮮やかなパール系の車体カラーの上に入るブランドロゴには、反射性のあるデカールを採用

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

米山 シェファードシティはだれもが気軽に乗れる、入門用のクロスバイク。今回試乗車はパールレッドだったけど、鮮やかでとても良い雰囲気だった。このパール系の色で10色から選べるなんて、選択肢が充実しているよね。

松尾 これほど多色展開をしているバイクはあまりありませんよね。小柄な女性が乗れる380サイズから4サイズ展開で、フォッティング面も蔑ろにしていない、好感が持てる1台です。

米山 タイヤが黒だったらまた違う印象なんだろうな。全体の雰囲気に合わせて、どの車体の色にもクリーム色のタイヤがアッセンブルされていけど、柔らかい親近感を持てるイメージに貢献していると思う。

松尾 クロスバイクの中にもキャラクターが分かれますが、これは上体がゆったりと乗れる設計なので、誰もが気軽にサイクリングを楽しむことができると思います。バランスは機敏すぎず、良い意味でマイペースに乗れるバイクです。

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 うん。足回りは700Cなので走りは安定しているし、32Cという太めのタイヤが乗り心地の良さに貢献しているね。軽量なロードバイクに比べたら軽いとは言えないけど、加速性能は想像以上にスッと出て軽い。それにしっかりしているけど、パーツ選択もあるのか、硬すぎる感じがなかった。

松尾 そうですね。初めてのスポーツサイクルとして、この基本性能がしっかりしているモデルを選べたらいいですね。コンポーネントはシマノに統一されていますし、自転車に詳しい人から見ても、まずまず納得でしょう。

米山 たしかに、初めての1台としてクロスバイクを探しているならピッタリ。これで走れば移動範囲が広がって、これまで知らなかった景色をきっと見つけられると思う。速く走るというよりは、移動を楽しみながら走るバイク。松尾くんの言うとおり、主要パーツをシマノに統一して、安かろう悪かろうに作っていない姿勢に好感が持てる。

松尾 街中をふらっと走りたくなるような乗り味ですが、ロードバイクへのステップというような位置付けで力の入ったクロスバイクが多い中、改めてこういうバイクなら、だれもが軽快にスポーツサイクルを楽しめるんだなと思いました。

米山 うん。この価格だからこそより丁寧に作られているんだね。主張しすぎないロゴやデザインも、普段着で気軽に乗るには合うでしょう。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ライトウェイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載