東日本大震災の被災地を走るサイクリング「第2回 ツール・ド・三陸」に49kmの最長コースが追加 すでに申込済みでも新コースへ変更可能

  • 一覧

 岩手県の三陸地方で10月5、6日に開催される「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた」のコースが拡張され、新たに「健脚コースS」が追加された。すでに既存の健脚コースA/Bへ申し込んだ方も、新コースへの変更が可能だ。参加費は健脚コースA/Bと同額の8000円。またコース拡張に伴い、大会名が「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた・おおふなと」に変更された。申込は9月15日まで。

ホストライダーとして「ツール・ド・三陸」のコースを試走するモデルの日向涼子さん(左)らホストライダーとして「ツール・ド・三陸」のコースを試走するモデルの日向涼子さん(左)ら

 健脚コースSは、途中までA/Bコースと同じルートを走り、約10km地点から新たな区間へ。大船渡市末崎半島の碁石海岸を周遊する約10kmが追加され、そこから再びA/Bコースに合流する。拡張により、同コースは今大会で最も長い総距離49.3km、最大標高差78m、獲得標高686mとなる。

岩手の名物「いかせんべい」をPRするホストライダーの日向涼子さん岩手の名物「いかせんべい」をPRするホストライダーの日向涼子さん

 碁石海岸は大船渡市末崎半島の東南端約6kmの海岸線で、アカマツやたくさんの草花が彩りを添える変化に富んだ海岸景勝地。「国の名勝・天然記念物」に指定されているほか、「日本の渚・百選」にも選ばれており、ゆったりと走りながら景色を眺めるには絶好のコースと言えるだろう。

「健脚コース S」(約49km) 所要時間:約4~5時間
高田第一中学校 仮設グラウンド → 高田町内 → アップルロード → 大船渡市38号線 → 275号線 → 碁石海岸 → 275号 → 末崎町 → 広田半島市道 → 黒崎温泉(エイドステーション)→ 広田半島市道 → 高田町内 → 高田第一中学校
※太字が拡張された区間

新コースへの申込方法

・申込済みの方のコース変更
 8月12日に事務局から送られた案内メールを参照の上、健脚コースSをご希望の方のみ、本人確認のため大会名・氏名・登録電話番号を添えて、大会運営事務局「info@tour-de-sanriku.com」へメールを送信。

(※記事掲載時、誤ったメールアドレスを記載しました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません)

・新規申込の方
 スポーツエントリーの申込ページで、健脚Sコースを選択。8月9日より選択可能となっている。申込ページはこちら。

「ツール・ド・三陸 サイクリング チャレンジ 2013 in りくぜんたかた・おおふなと」
【募集要項・開催概要(抜粋)】
■開催場所:岩手県陸前高田市内及び周辺コース
■開催日程:2013年10月5日(土):大会受付、前日祭
           6日(日):走行イベント 、子供自転車教室
■参加種目:健脚コースS(約49km)、健脚コースA/B(約39km)、ファミリーコース(約18km)
■参加者数:800名予定(健脚コース700名、ファミリーコース100名)
 ※上記以外にサイクリングリーダーなどスタッフ約200名が参加
■参加資格:小学生以上の健康な男女で、各コースを制限時間内で完走できる走力を有する方
※小・中学生の申込は保護者の同伴が必要 ※18歳未満の申込は保護者の同意が必要
■参加費用:健脚コース 8,000円、ファミリーコース 3,000円(税込)
※プログラム参加費、記念品、特別補償保険料を含む ※別途エントリー手数料が必要
■応募締切:9月15日(日) ※定員になり次第締切


関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・三陸

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載