Jプロツアー第1戦しもふさクリテリウムシマノ・鈴木譲がスプリント勝負を制す 自転車「Jプロツアー」開幕

  • 一覧
優勝した鈴木譲(中央、シマノレーシング)、2位の鈴木真理(左、cannondale spacezeropoint)、3位の辻善光(Team UKYO) =3月11日、千葉県成田市のフレンドリーパーク下総(米山一輝撮影)優勝した鈴木譲(中央、シマノレーシング)、2位の鈴木真理(左、cannondale spacezeropoint)、3位の辻善光(Team UKYO) =3月11日、千葉県成田市のフレンドリーパーク下総(米山一輝撮影)

自転車ロードレース「Jプロツアー」の開幕戦「JBCFしもふさクリテリウム」が11日、千葉県成田市のフレンドリーパーク下総で開催され、大集団でのゴールスプリントを制した鈴木譲(シマノレーシング)が優勝した。

元F1ドライバーの片山右京氏が今季新たに立ち上げたプロチーム「Team UKYO」も国内初戦を迎え、辻善光が3位に入賞して表彰台の一角を占めた。

レースは1周1・5キロと短いコースを周回するクリテリウム形式で争われ、各チームは序盤からペースアップ。中盤には、有力チームを含む9人の先頭グループが形成され、逃げが決まったと思われたが、ここに選手を送り込めなかったUKYO勢が後続集団を率いて激しく追走。先頭グループを吸収し、戦いを振り出しに戻した。

勝負はスプリント争いに持ち込まれ、チームメートのアシストを受けた鈴木が雄叫びを上げてゴールラインをトップで通過。年間チャンピオン争い首位の証である「ルビーレッドジャージ」に袖を通した。

Jプロツアーは10月まで全16戦で争われ、次戦は4月7、8の両日、和歌山・南紀白浜で開催される。

ゴールスプリント大集団でのスプリント勝負を制し、ガッツポーズでゴールするシマノレーシングの鈴木譲 =3月11日、千葉県成田市のフレンドリーパーク下総(米山一輝撮影)

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載