バイクインプレッション2013「RIDLEY NOAH」 トップクラスのエアロダイナミクスを備えたオールラウンダー

  • 一覧

 リドレーは強豪選手を多く輩出するベルギーのバイクブランドだ。1990年に塗装会社としてスタートし、後にフレーム製作と塗装の2本柱となった。現在は、ベルギーのプロチーム、ロット・ベリソルに機材供給をし、多くのメジャーレースで選手の活躍を支えている。今回試乗するのは優れたエアロダイナミクス効果を持ち、平地で輝ける存在ながら山岳もこなせるオールラウンダーなNOAH。他ブランドにない最先端のアイデアと技術によって生み出された、リドレーを代表するモデルだ。

「RIDLEY NOAH」(リドレー ノア)「RIDLEY NOAH」(リドレー ノア)

RIDLEY NOAH(リドレー ノア)
価格:396,900円(フレームセット)
サイズ:XS、S、M
カラー:1406A(ブラック)
問い合わせ先:ジェイピースポーツグループ http://www.jpsg.co.jp

 

スペック

フレーム:50ton.40ton.30ton HM カーボン
フォーク: 40ton.30ton HM カーボン
BB規格:BB30(68×46)  ※Di2、EPS対応
重量:1190g(フレーム)、420g(フォーク)

OVAL CONCEPTS社と共同開発した、エアロダイナミクス効果を高めるスリットを設けたフロントフォーク。シートステーも同様だOVAL CONCEPTS社と共同開発した、エアロダイナミクス効果を高めるスリットを設けたフロントフォーク。シートステーも同様だ
フレームには空気抵抗を低減させる微粒子状テープ、F-サーフェスがヘッドチューブやダウンチューブなどの要所に貼られている フレームには空気抵抗を低減させる微粒子状テープ、F-サーフェスがヘッドチューブやダウンチューブなどの要所に貼られている
プレスフィットのBB30を採用し、ボリュームのあるBB周り。バッテリーはダウンチューブの最下部に付く プレスフィットのBB30を採用し、ボリュームのあるBB周り。バッテリーはダウンチューブの最下部に付く

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

米山 リドレーといえば、まずロット・ベリソルに所属するアンドレ・グライペルを思い浮かべる。グライペルが乗っていたのはブレーキキャリパーをフレームに一体化させたNOAH FASTだったけれど、ノーマル仕様のNOAHもその個性という意味では十分にインパクトのあるモデルだよね。NOAH FASTに比べて、同等クラスに高い性能でありながら、価格が10万円近く安いというのはお買い得感がある。

松尾 フロントフォークとシートステーのスリットや、フレームに貼られる微粒子状テープは独特ですし、ボリュームのあるエアロダイナミクス形状はひと目でNOAHだとわかります。乗ってみてどうでしたか?

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 インパクトの大きいフレームなのに、この系統に良くある硬さがなくて乗りやすい。見た目の印象とは違って、乗ると思いの外馴染むね。

松尾 僕、これハマりました。エアロ系のロードバイク特有の縦剛性の高さが目立つのかなと想定していたけれど、ビックリするくらいニュートラルで良かったです。発進直後から伸びを期待させるような加速感があるので、踏んでいて楽しいです。好きなフィーリングでしたよ。

米山 たしかに、軽さとともに踏み込んだ時のバネ感があってグイグイと加速していく感覚は気持ちがいいね。このバイクのルックスと乗り味のギャップはすごく良いと思うよ。

松尾 ええ。それでいて今度はルックスの通り、高いエアロ効果を持っていて、すねの辺りの空気の抜けが良く感じられたので興味深かったです。高いスピード域でモリモリ伸びるので、スプリントは得意としか評価できません。

米山 これぞレースで戦うバイクだよね。松尾くんが気に入るのも納得だよ。上りと下りの印象はどうだった?

松尾 上りでもエアロロードとは感じない軽快さがあったので、ダンシングでもシッティングでも良い感触でいけます。下りも思うようにライン取りできるので良かったと思いますよ。少々クイックで、ステアリングはオーバー気味なところも、個人的には好きです。非常に完成度の高いバイクだと思います。

米山 うん。フレーム販売だから電動も含めてコンポーネントは選べるし、最先端を行くなら内蔵ブレーキだけど、ノーマルのキャリパーブレーキを採用する安心感はある。ホビーレーサーに選んで欲しい1台だね。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション リドレー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載