大会・イベント情報2013住民の温かい声援と難コース攻略の充実感が魅力 奈良・上北山村で「ヒルクライム大台ヶ原」9月8日開催

  • 一覧

 国内屈指の難易度を誇るヒルクライム大会「第12回ヒルクライム大台ヶ原 since 2001」が9月7日、8日に開催される。奈良県上北山村の地域おこしとして2001年に始まったこの大会は、昨年の第11回大会でついに村の人口(当時約640人)を上回る691人が参加。今年はさらに定員を拡大して募集中だ。また、新カテゴリー「カップルクラス」「親子クラス」が設けられるほか、奈良県知事賞として「激坂区間賞」も登場する。申込締切は8月18日(日)まで。

<写真はいずれも2012年大会より>

力走する選手たち力走する選手たち

村人による“手作り”の温かい大会

 「ヒルクライム大台ヶ原」は、上北山村の住民やボランティアたちが準備から運営まで手がける温かい大会だ。「自分たちの力で成功させよう!」という思いから、村全体が役割分担して準備にかかり、レース中は手作りの横断幕や太鼓で声援を送る。ヒルクライムを終えて下山する選手たちにも「おかえり」「おつかれさま」「また来てね」と声をかけるほどだ。

【昨年のレポート】“小さな村の大きなイベント” 「ヒルクライム大台ヶ原」の舞台裏

厳しい上り坂に挑むMOCOさん(右)と選手たち厳しい上り坂に挑むMOCOさん(右)と選手たち
選手たちを応援する村の方たち選手たちを応援する村の方たち

 昨年の大会には、「Cyclist」でコラムを連載中のチャリガールMOCOさんもゲストライダーとして出場。その模様をレポートしてくれた。住民の方々の声援や温かさに、すっかり魅了されたそうだ。

【MOCOのガールズトーク】大台ヶ原はおとぎの国 魔法の言葉に包まれたヒルクライム大会

笑顔で走る選手たち笑顔で走る選手たち

 コース距離は28kmと長く、標高差は1,240m。前半と終盤はゆるやかな上りだが、中盤は、国内屈指と呼ぶにふさわしい厳しい勾配が続く。前半のゆるやかな10kmで行われるキッズクラスもあるので、子供も安心して参加できる。

 今年、新設された激坂区間賞は、中盤の急勾配が対象。約7.5kmで標高差710m、平均勾配にして9%以上という、コース上で最も難易度の高い区間のタイムを競う。男女別、車種別で全カテゴリー3位まで表彰される。

 「優勝は無理かも」という方は、プロのレースで有力選手が中間ポイントや山岳ポイントを狙うように、激坂区間賞に賭けて逃げてみるのもアリだろう。ただし、完走者が対象となるので、完走できる程度の体力は残すよう注意して欲しい。

 

親子、カップル…みんなで楽しもう!

村は色とりどりのサイクルウェアで彩られた村は色とりどりのサイクルウェアで彩られた

 さらに、「親子クラス」「カップルクラス」が新たなカテゴリーとして追加された。「カップル」は、高校生以上なら老若男女問わず、男女の組み合わせで出場可能。文字通りカップルでも、夫婦、兄妹、友達同士でも参加できる。協力しながら、励まし合いながらのヒルクライムはアツい絆が生まれそうだ。

 「親子」の部の参加条件は親子であることのみで、父と息子、父と娘、母と娘など、性別の組み合わせは自由。一家で訪れたい人にとっては、楽しみ方の幅が広がることだろう。例えば、お父さんと息子さんが親子クラスに出場し、キッズクラスに出場する娘さんをお母さんが応援する、といった参加の仕方などが考えられる。

レースを終えて下山する選手たちにも、村の方たちは温かい声援を送ったレースを終えて下山する選手たちにも、村の方たちは温かい声援を送った
手書きの文字で応援メッセージが記された横断幕手書きの文字で応援メッセージが記された横断幕

 毎年レースが終わると、村のおじいちゃん、おばあちゃんたちが「来年も応援しよう」と、心に決めるのだという。外から人が集まってくることが、過疎化が進む小さな村に活力をもたらし、好循環を生み出している。村の一大イベント開催にもかかわらず、一部の宿泊施設からは「ヒルクライム関係で宿泊の皆様は料金を特別に下げて対応します」という申し出もあるようで、大会を成功させようという思いの強さを伺わせる。

 エントリーはインターネット、FAX、郵送で受け付けている。締め切りが8月18日に迫っており、申し込みはお早めに。

MOCO今年もゲストライダーを務めるMOCOさんからのメッセージ
昨年、初めて訪れた吉野の地。厳しいレースにちょっぴり不安もありましたが、レースが始まると、村民の皆さんが手作りの旗や横断幕で「行ってらっしゃい」「頑張って~!」と応援してくれました。私は嬉しくなっちゃって、「行ってきま~すっ!」と大きな声で何度も手を振りかえし、気持ちよく走りきることができました。
ゴール後も「頑張ったね!」「この村に来てくれて、ありがとうね」と言葉のリレーが続き、心が真綿でほっこり包まれたような感覚になりました。ヒルクライム大台ケ原は、温かいハートで満たされた、最高に楽しい大会です。皆さんもぜひ参加してみてくださいね!

「第12回ヒルクライム大台ヶ原 since2001」
開催日:2013年9月7日(土)受付、8日(日)競技
会場:奈良県吉野郡上北山村河合(清流橋周辺)~大台ヶ原山頂
種目:チャンピオンクラス、レディースクラス、一般クラス、
チーム対抗戦、キッズクラス、カップルクラス、親子クラス
参加費:一般 7,000円 
チーム 20,000円(4人1組 ※3人でも可)
親子・カップル 10,000円(2人1組)
キッズ 2,000円 
参加定員:800人 ※定員になり次第締め切り
申込方法:スポーツエントリーからの申込はこちら
その他のエントリー方法、詳細はこちら
申込締切:8月18日(日)PM 24:00


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載