バイクインプレッション2013「CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD」圧倒的な快適性を誇る新型エンデュランスモデル

  • 一覧

 アメリカのバイクメーカー「CANNONDALE(キャノンデール)」の2014モデルの概要が発表された。軽量モデルのスーパーシックスEVOシリーズが拡充し、人気のアルミフレームCAAD10にDi2対応モデルなどを追加。そのなかでも最大のトピックといえるのが、新型のエンデュランスモデル「SYNAPSE(シナプス)」の登場だ。注目のニューモデルに、サイクルジャーナリストの菊地武洋さんが試乗した。

インプレッション BY 菊地武洋

 ロードバイクの頂点は競走用であり、クルマに例えれば“レーシングカー”。これに対し、エンデュランス系は“スポーツカー”といえよう。ただ、今日のようにエンデュランス系バイクが独立したカテゴリーを築いたのは、古い話ではない。日本では今もエンデュランス系の人気はいま一つだ。

 だが、潜在的な市場規模はどちらが大きいかは、改めて言うまでもない。現に欧米市場では、レーシングモデルに替わってエンデュランス系が主力になりつつある。

CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2

 レースとエンデュランスとを区分けすると、どちらもハードな印象がある。だが、シナプスは長い時間、疲れを最小限に抑えて走るためのバイクだ。新型シナプスは、快適なポジションで走るためのシナプス・エンデュランス・レース・ジオメトリー(S.E.R.G)という技術を用いて設計されており、ヘッドチューブの長さは一般的なエンデュランス系バイクより短く、プロがレースで使用するバイクよりは長い。また、直進安定性に大きく影響するフロントセンターもヘッドチューブ同様、中間的な長さになっている。

シートステーのしなりを最大化するためチューブが螺旋状にひねられているシートステーのしなりを最大化するためチューブが螺旋状にひねられている

 ならば、乗った感じも中間的なのか…

 確かに、新型シナプスの運動性能は従来のエンデュランスバイクよりもスポーティーだ。ハンドル位置がちょっと低くて、軽快なスラロームをこなせる。思ったように、あるいはそれ以上に上手にコーナーを曲がることが出来るのは魅力的だし、それで十分だという人も多いだろう。でも、それだけでいいならスーパーシックスEVOという選択肢もある。

 キャノンデールがわざわざシナプスを作った理由は、圧倒的な快適性の向上にある。

 快適性の秘密は、S.A.V.Eテクノロジーと呼ばれているチューブ形状&構造である。S.A.V.Eとはシナプス・アクティブ・バイブレーション・エリミネーションの略であり、能動的に振動を除去するという意味。旧来のシナプスは人気モデルではないが、キャノンデールのロードバイクは全てシナプスの影響を受けている。そして、S.A.V.Eこそキャノンデールの進化の象徴。シナプスの最高級モデル、ハイモッドに採用されているS.A.V.Eプラスのほか、スピードS.A.V.E、エアロS.A.V.E、S.A.V.Eの4種類がある。

フロントフォークのドロップエンドは緩衝効果に優れたオフセット方式を採用フロントフォークのドロップエンドは緩衝効果に優れたオフセット方式を採用

 シナプスのフレーム素材は、カーボンとアルミの2種類。カーボンには高弾性糸をフレームの横部分に使ったハイモッドと、標準的な弾性率のスタンダードがある。どちらも剛性は同じだが、ハイモッドは軽さを、スタンダードモッドは耐久性を重視しているという。また、アルミにはノーマルブレーキとディスクブレーキ仕様がある。それぞれの比較も気になるところだが、今回は旗艦モデルのハイモッド2レッドに試乗することにした。

 どことなく落ち着かない。高価なレーシングバイクに乗っている人なら、シナプスハイモッドで最初に感じるのは違和感である。浮遊感があって、路面の状況が今ひとつ捉えにくい。タイヤのたわみの向こう側にはペダリングの軽さがあり、最初はなんとも不思議な感じがする。25Cのタイヤとしてはレーシングバイク顔負けの軽い踏みだしなのに、視界がとらえている路面状況と、カラダに伝わってくる振動に違いがある。中間というよりも、レース用に快適性を足した感じなのだ。

金属塊から削り出して作られる一体構造型のチェーンリングは剛性が高く、変速性能も見事金属塊から削り出して作られる一体構造型のチェーンリングは剛性が高く、変速性能も見事

 シナプスは細かな振動をカーボンの積層とチューブ形状でいなし、路面の白線や舗装の継ぎ目といった振動を前後のフォークを積極的に動かすことで解消する。さらに大きな振動はパワーピラミッドと呼ばれる双胴シートチューブとシートポストを弓のようにしならせて対応。平たく言えば、縦に柔らかく、横に硬い。これはレーシングバイクも一緒だが、縦方向の柔軟性が抜群に高い。道路の凹凸が多くても疲れにくく、視界も乱れない。当然、乗りやすい。

シートポストのしなりを増大させるため、シートチューブ内に固定用のアッセンブリーを内蔵しているシートポストのしなりを増大させるため、シートチューブ内に固定用のアッセンブリーを内蔵している
BBのウイップを抑えるためシェル幅を5㎜拡げて73mmに。シートチューブは縦方向に薄く28㎜幅のタイヤに対応するBBのウイップを抑えるためシェル幅を5㎜拡げて73mmに。シートチューブは縦方向に薄く28㎜幅のタイヤに対応する

 剛性はどうか? シナプスに乗って剛性の高さを感じることはない。というのも、快適性が前面に押し出されているからで、それ自体は高いレベルにある。剛性感に大きく影響するBBはシェル幅73mmのBB30Aという新規格が採用され、左右のチェーンステー幅を拡げ、ペダリング時のウイップを抑えている。連動するダウンチューブも太く、フォークラムは上側が1.125、下側が1.25インチの異径タイプで、これはスーパーシックスEVOと同じだ。フレームの硬さを声高にアピールしてはいないが、疲労を抑えるためにパワーロスは最少に抑えている、というわけである。

東京から河口湖までSynapseで自走した日本法人のマリオ・スタイン社長東京から河口湖までSynapseで自走した日本法人のマリオ・スタイン社長

 このように大きな死角が見当たらないシナプスだが、気になる点があるとしたらタイヤの選択だ。25Cという選択は世界的に見れば悪くないし、28Cにも対応しているのは美点でもある。だが、日本のキレイな路面では少し過剰演出っぽい気がする。それはフレームの振動減衰性が優れているからで、レーシングバイクなら25Cが欲しくなるような状況でも23Cで十分だ。その辺は好みや走る距離や条件によっても違うが、日本仕様としては一考の余地がありそうだ。

 また、アルミモデルにディスクブレーキ仕様があるのに、カーボンモデルにないのも気になる。しかし、こちらは時間の問題で対応してくるだろう。

 

「CANNONDALE SYNAPSE DISC 5」(キャノンデール シナプス ディスク5)「CANNONDALE SYNAPSE DISC 5」(キャノンデール シナプス ディスク5)

CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD 2 RED
価格:729,000円(完成車)
サイズ:48,51,54,56,58㎝
カラー:グリーン
コンポ:スラムレッド
ホイール:マヴィック・キシリウムエリート

CANNONDALE SYNAPSE DISC 5 105
価格:169,000円(完成車)
サイズ:48,51,54,56,58㎝
カラー:ブラック
コンポ:シマノ・105


問い合わせ先:キャノンデールジャパン http://www.cannondale.co.jp/

菊地武洋菊地 武洋(きくち・たけひろ)
自転車ジャーナリスト。1000台を超える市販ロードバイク試乗体験に基づく評価は、他の追随を許さない。国内外のメーカーやサイクルショーなどの取材経験も豊富。近著「ロード極めるなら業界一の自転車バカに訊け!」を2013年7月に発売。東京都生まれ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載