真夏の都心で自転車の祭典本格クリテリウムで熱狂、三輪車ケイリンで爆笑 「お台場サイクルフェスティバル2013」初日から最高潮

  • 一覧

自転車をこいで回すかき氷機に挑戦したニュージーランド・ナショナルチームの女子選手たち。あっというまに出来上がった?!自転車をこいで回すかき氷機に挑戦したニュージーランド・ナショナルチームの女子選手たち。あっというまに出来上がった?!

 東京・臨海副都心で3日に開幕した「お台場サイクルフェスティバル2013」。今年で3回目を迎えたこのお祭りは、夏休みの行楽地での開催とあって、自転車ファンにとどまらず若者や家族連れなど大勢の来場者でにぎわった。4日も夕方まで開催される。

 初日に行われたイベントの模様や会場の様子を写真でレポートします。

迫力のレースを間近で応援

 お台場の巨大遊歩道「シンボルプロムナード」の特設会場で行われた本格ロードレース「湾岸クリテリウム」は、午前中の男子U23クラス2、3や女子エリートクラスに続き、午後にはガールズケイリンのプロ選手たちによるエキシビションマッチが行われた。時速50~60kmに達する選手たちの熱い走りを間近に見られるのが、このコースの特徴だ。

臨海副都心の高層ビル群を望みながらレースを走ったガールズケイリンの選手たち臨海副都心の高層ビル群を望みながらレースを走ったガールズケイリンの選手たち
800m×6周回と距離は短いが、真剣勝負で迫力の走りを見せてくれたガールズケイリンの選手たち800m×6周回と距離は短いが、真剣勝負で迫力の走りを見せてくれたガールズケイリンの選手たち
「悔しい」「暑い!」「楽しかった」…レース後の表情はさまざま「悔しい」「暑い!」「楽しかった」…レース後の表情はさまざま

 レースは800m×6周で行われ、6選手が出場。田中まい選手が逃げ切って優勝を飾り、2位に猪頭香緒里選手、3位は高木真備選手が入った。

 また、その後に行われた男子U23クラス1では、ニュージーランド・ナショナルチーム勢の攻撃を抑えて明治大学の西沢倭義選手がトップでゴール。2位はニュージーランドのヴァン・デ・ヘイデン・アンドリュー選手、3位は順天堂大学の菊地啓汰選手が入った。

男子U23クラス1のレースは、ニュージーランド戦が優位に進めたものの、スプリントを制した明治大学の西沢倭義選手が優勝した男子U23クラス1のレースは、ニュージーランド戦が優位に進めたものの、スプリントを制した明治大学の西沢倭義選手が優勝した
激しい戦いの後は、笑顔で会話しながらクーリングダウン激しい戦いの後は、笑顔で会話しながらクーリングダウン

 

来場者を飽きさせない多彩なブース出展

 今年のお台場サイクルフェスティバルには20を超えるブースが出展。100万円を超える高級ロードバイクをはじめ、パーツやウエア、アクセサリーなどさまざまな商品が展示された。また、一部の完成車は試乗もOKで、熱心な自転車愛好者らが憧れのバイクの試乗を楽しんでいた。

コカ・コーラがデザインを、デローザがフレーム製作を担当した新しいシティバイク「デローザ ミラニーノ・ミニマーレ バイ コカ・コーラ」。日直商会のブースで展示され、試乗車も用意されているコカ・コーラがデザインを、デローザがフレーム製作を担当した新しいシティバイク「デローザ ミラニーノ・ミニマーレ バイ コカ・コーラ」。日直商会のブースで展示され、試乗車も用意されている
コーダーブルームのブースで、新型のカーボン・ロードを紹介してくれた広報担当の徳野詩織さんコーダーブルームのブースで、新型のカーボン・ロードを紹介してくれた広報担当の徳野詩織さん
キャットアイのブースでは、日本で今秋発売予定の高輝度LEDヘッドランプを展示。左は1200ルーメン、右は300ルーメンと強烈に明るいキャットアイのブースでは、日本で今秋発売予定の高輝度LEDヘッドランプを展示。左は1200ルーメン、右は300ルーメンと強烈に明るい
ラファのブースでは、ツールドフランスを制した「スカイ プロサイクリング」のレプリカジャージが大人気ラファのブースでは、ツールドフランスを制した「スカイ プロサイクリング」のレプリカジャージが大人気
カナダのブランド、オーパスのブースではオシャレなタウンサイクル「CERVIN」が輝いていたカナダのブランド、オーパスのブースではオシャレなタウンサイクル「CERVIN」が輝いていた
各地のサイクリングイベント会場でもおなじみの八重洲出版「サイクルスポーツ」誌のブース。雑誌やアクセサリーを販売各地のサイクリングイベント会場でもおなじみの八重洲出版「サイクルスポーツ」誌のブース。雑誌やアクセサリーを販売
パナソニックサイクルテックのブースで、軽量の電動アシストサイクル「ビビ・ライトU」を紹介してくれたプロモーションチームの西本早希さんパナソニックサイクルテックのブースで、軽量の電動アシストサイクル「ビビ・ライトU」を紹介してくれたプロモーションチームの西本早希さん
なんとプロ・ロードレースチームの宇都宮ブリッツェンもブースを出展。廣瀬佳正ゼネラルマネージャーらが、チームの活躍を収めたDVDや写真集をPRしていたなんとプロ・ロードレースチームの宇都宮ブリッツェンもブースを出展。廣瀬佳正ゼネラルマネージャーらが、チームの活躍を収めたDVDや写真集をPRしていた
人気アニメ「進撃の巨人」の調査兵団をイメージしたサイクルジャージの“実物”が、ここへ行けば見られます!人気アニメ「進撃の巨人」の調査兵団をイメージしたサイクルジャージの“実物”が、ここへ行けば見られます!

 

誰が速いかわからない面白さ 三輪車ケイリングランプリ

 湾岸クリテリウムと並ぶ(?)もうひとつの競走として今年から導入された「三輪車ケイリングランプリ」。プロのガールズケイリン選手や、HOOTERS GIRL、ちゃりん娘、ゲスト出演者らとともに、一般参加者も加わって“ガチンコ”の熱いバトルを展開した。ただ、なれない三輪車に、スピードを出すどころか真っ直ぐ走ることさえ難しいライダーも…。真剣に走れば走るほど、会場は爆笑の渦に包まれた。

ガールズケイリンの選手たちは「三輪車ケイリングランプリ」でも大活躍しましたガールズケイリンの選手たちは「三輪車ケイリングランプリ」でも大活躍しました
インターマックスの今中大介さんも、なれない三輪車に悪戦苦闘インターマックスの今中大介さんも、なれない三輪車に悪戦苦闘
HOOTERS GIRLも三輪車に挑戦。会場が沸きましたHOOTERS GIRLも三輪車に挑戦。会場が沸きました

 このほか、会場内では、小さなバンクを周回する「バトルドローム」のトラックが設けられ、来場者がバンクの走行感覚を体験。ローラー台とシミュレーターでスプリントの速さを競う「ゴールドスプリント」も行われた。

小さなトラックを周回する「バトルドローム」を体験することができます小さなトラックを周回する「バトルドローム」を体験することができます

 

ステージイベントは賑わいの中心

 ステージでは競技の表彰式などが行われ、主要カテゴリーの優勝者には湾岸クリテリウム特製のチャンピオンジャージが贈られた。ステージではほかにも、トークショーやジャンケン大会などさまざまな催しが行われ、終日、会場の賑わいを演出した。

ステージを盛り上げた(左から)白戸太朗さん、今中大介さん、団長安田さん、新井麻希さん、宮澤智アナ、サッシャさんステージを盛り上げた(左から)白戸太朗さん、今中大介さん、団長安田さん、新井麻希さん、宮澤智アナ、サッシャさん
U23クラス1の表彰式。優勝した明治大学の西沢倭義選手にはチャンピオンジャージが贈られたU23クラス1の表彰式。優勝した明治大学の西沢倭義選手にはチャンピオンジャージが贈られた
お台場サイクルフェスが「一年で一番大事な仕事」という団長安田さんお台場サイクルフェスが「一年で一番大事な仕事」という団長安田さん
ジャンケン大会では豪華賞品がプレゼントされたジャンケン大会では豪華賞品がプレゼントされた
会場に華を添えたフジテレビの宮澤智アナウンサー会場に華を添えたフジテレビの宮澤智アナウンサー

 お台場サイクルフェスティバルは4日まで開催。この日は湾岸クリテリウムの男子エリートクラスが行われ、Jプロツアーの宇都宮ブリッツェンなど強豪チームの選手たちが出場予定。また、自転車の試乗会や、「痛チャリグランプリ2013」、「お台場ジャージコンテスト」など楽しい催しも多数予定されている。



この記事のタグ

イベント お台場サイクルフェスティバル ちゃりん娘

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載