チャリガールMOCOのガールズトーク<14>悔し涙は、本気で挑むからこそ 小さくったって立派な選手なんだもん!

  • 一覧
真夏の空の下で繰り広げられたアツい戦い真夏の空の下で繰り広げられたアツい戦い

 皆さんが、本気で競って、初めて勝負の世界の厳しさを知ったのは何歳の時でしたか? 私が初めて悔し泣きを経験したのは、小学5年生のバレーボールの試合だったかな。周りの人と競い合い、勝ち負けが決まる。これは年齢、経験に関係なく、勝負の場に置かれた者には容赦なくついて回る事ですよね。

 1対1の試合の場合、勝利できる確率は2つに1つ。しかし自転車レースの場合、勝利はたった1人しか手に入らない。500人のレースに参加したら、優勝できる確率は500分の1。

 先日まで、連日ドラマティックな展開を見せてくれたツール・ド・フランスもしかり。その過酷さたるや、厳しさを通り越して、残酷さを覚えたほどでした。一斉にスタートを切っても、勝利はたったひとつ。そのレースへ至るまでに、選手は計り知れない努力をし、心を強く持ち、万全の準備をして勝負に挑む。だからこそ、勝利の価値は大きいのでしょう。

真剣な表情で勝負に挑む小さな選手達真剣な表情で勝負に挑む小さな選手達

 そんな、容赦ない勝負の世界に、子どもながらに挑戦している選手達に会ってきました。見てください、この選手達の真剣な表情を!

 いま子ども達の間で大人気の「ランニングバイク」。これまでランニングバイクといえば、補助輪がない自転車練習用の2輪車というイメージだったのですが、ここでは本格的な競技として使用されているのです。

それぞれこだわりのマシンでスタートを待つそれぞれこだわりのマシンでスタートを待つ
見事なバランス感覚で安定したコーナリング見事なバランス感覚で安定したコーナリング

 地面を脚で蹴って進む自転車なので、自然とバランス感覚が養われるそうです。ヘアピンカーブだってなんのその。アウト・イン・アウトのライン取り、体重移動、バイクの倒し方、コーナー立ち上がりからの加速…これが2歳から6歳の子供たちとは思えないほどの、美しいコーナリングを繰り広げていました。

コーナーの立ち上がり、思い切りダッシュ!!コーナーの立ち上がり、思い切りダッシュ!!

 神経系が急速に発達する幼児期は、このような地面を蹴るリズム感、体重移動のバランス、足を速く動かそうとする敏捷性を養うにはもってこいですね。

 それに、周りで声援を送るお父さん、お母さんのアツイ事といったら! 途中で泣き出しちゃう女の子にも、「最後まで頑張れっ!」と声を掛けます。たとえ落車しても、レース中に保護者はコース内に入れません。最後の1人がゴールするまで、周りは声援を送ることしかできないのです。

お揃いのユニフォームを作って気合十分お揃いのユニフォームを作って気合十分

 近所のお友達とチームを結成し、お揃いのユニフォームを作り、ホイールやタイヤもグレードアップしたものを使用して勝負に挑む。驚くべきことに、朝練を日課にしている子ども達もいるとの事。これって、ストイックに勝利を目指す大人と変わりませんよね。メカニックやトレーニングはお父さん、ウェア等のコーディネートはお母さん、と上手に担当が分かれているのかもしれません。

 なぜ、こんなにもアツくなってしまうのか? その秘密は、この大会の仕掛け人の思いにありました。

 きっかけは、沢山の子ども達にレースの場所を作ってあげたいという、親心。「メーカー主催の大会はあるけれど、垣根なく、どんな子も参加できる大会があったらいいな。それならば、自分たちで大会を作っちゃおう!」

月齢ごとのクラス分けで、年間を通して平等なシリーズ戦へ月齢ごとのクラス分けで、年間を通して平等なシリーズ戦へ

 そう考えて動き出した仲良しお父さん2人。息子たちを思う気持ちは強いのです。仕事の合間を縫って、ランバイク・チャレンジシリーズ「R.C.S」を立ち上げました。

・チャレンジシリーズ戦とし、総合獲得ポイントで年間ランキングを決定する
・チームランキングはシリーズ戦毎に経過を発表
・優勝者へのトロフィー、勝利者インタビューを欠かさない
・ヘルメット、グローブ等の安全装備が無い選手は失格
・大会レポートの名前には「〇〇くん」や「〇〇ちゃん」では無く「〇〇選手」で統一
・参戦クラスはその大会の月齢で行い、年間を通しての有利不利をなくす

…などなど、まるで公式戦のような演出! 2歳でも立派な選手なのです。第7戦を終えた現在は三重県のチームがトップの座を守っています。

表彰台の真ん中で、優勝トロフィーを天にかざそう 写真:(有)ハイハーバー表彰台の真ん中で、優勝トロフィーを天にかざそう 写真:(有)ハイハーバー

 運動会の徒競走などで、着順を決めない小学校も沢山あるご時世。しかし、子供の頃に感じたあの悔しさは、自分を成長させてくれたように思います。そして、大きく包んでくれる親が一緒にいてくれる事が、何より大事な事ですよね。

 12月のシリーズ戦終了までに、あと5戦。小さな選手達の白熱した戦いにご注目ください。この中から、未来のツール・ド・フランス出場選手が出るかもしれません。

泣くな~っ! 最後までゴールを目指す姿は誇らしいぞ!泣くな~っ! 最後までゴールを目指す姿は誇らしいぞ!

 泣くな~っ、君たち選手はみんなかっこいいぞ~っ! アレ、アレ~ッ!!

MOCOチャリガールMOCO
本名:笹本智子。レーサーとして竹芝サイクルレーシングチームに在籍。実業団から市民レースまで様々なレースに参戦している。チャリガールイベントを企画・開催し、自転車を取り巻くすべての人達の「楽しい」「嬉しい」「面白い」を作っている。1980年生まれ。静岡県出身。公式ブログ:http://moco-sasamoto.jugem.jp

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チャリガールMOCOのガールズトーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載