title banner

きょうの自転車イタリア語・TAPPA 30GAMBA, COLLO, SCHIENA ―脚、首、腰…体のパーツ

  • 一覧
マッサージを受ける新城幸也(2012年ロード世界選手権)マッサージを受ける新城幸也(2012年ロード世界選手権)

 スポーツをする上で、疲労がたまったり体が痛くなったり…体をよく知ることは欠かせません。そして自転車特有の痛みもあります。ここではまず、サイクリストに役に立つ体の部位を紹介します。

 体のパーツを知っていれば、万が一ケガをしてしまった場合も素早い対応ができますし、サイクリスト同士の会話でも広がりますね。


使い方

体の上部編
La testa
Gli occhi
Il collo
Le spalle
体の中部編
La schiena
Il fondoschienaサドルにあたる場所(1)
Il soprasellaサドルにあたる場所(2)
Il sedereお尻
手・足編
Il braccioうで
Il gomitoひじ
Il polso手首
La mano
La gamba
Il ginocchioひざ
La caviglia足首
Il piede

オモシロ情報

 サドルに直接あたるデリケートな部分の言い回しには、イタリア人も気を遣います。

 まずはil fondoschiena。Fondoとは「底」を意味し、schienaは「腰」を意味しますので、「腰が終わる場所」という意味になります。

 またil soprasellaも面白い呼び方です。Sopraとは「上」を意味し、sellaは「サドル」のことです。それを組み合わせて「サドルの上にある部分」になります。

文法ポイント

 体のパーツの前には「定冠詞」がつきます。単語とセットで覚えましょう。定冠詞には、後にくる言葉を強く印象づける役割があります。男性名詞と女性名詞によって形がありますので、気をつけましょう。

男性名詞の定冠詞
単数 | 複数
(a) il | i
(b)lo | gli(名詞の頭文字はs+子音、もしくzの場合)
(c)l’ | gli(名詞の頭文字は母音の場合)
 
例文:(a)il collo (b)gli occhi

女性名詞の定冠詞
単数 | 複数
(a) la | le
(b)l’ | le(名詞の頭文字は母音の場合)
 
例文:(a)la schiena

 次回は上記の言葉を使って、痛みを訴えてみましょう。

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)
イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

きょうの自転車イタリア語

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載