新製品情報デローザの2014年モデル発表 ニューIDOL登場、60周年記念の4モデルを全世界で各60台限定発売

  • 一覧

 イタリアの老舗メーカー、デローザ(DE ROSA)の2014年ラインアップが明らかになった。創業60周年を記念した限定モデル「SESSANTA」(セッサンタ)やフルモデルチェンジで復活した「IDOL」(アイドル)などが新登場。イタリア・ミラノの工房で一貫して仕上げられるプレミアムシリーズ「BLACK LABEL」(ブラックラベル)がスタートするなど、ブランドの歴史と深みを感じさせる展開となっている。

復活のアイドル

ポップな色使い。ワイヤー類はもちろん全内蔵式ポップな色使い。ワイヤー類はもちろん全内蔵式
BB部。フレームサイズが可愛らしいハートデザインで記されるBB部。フレームサイズが可愛らしいハートデザインで記される
リアエンド部。変速ワイヤーの取り回しが面白いリアエンド部。変速ワイヤーの取り回しが面白い

 日本での販売が途絶えていた「アイドル」が、フルモデルチェンジして2014年モデルで復活することになった。初代アイドルの特徴的な弓形のトップチューブを連想させるフォルム。グラフィックも含めソフトなデザインで、スーパーキングとは全く異なった印象を与える。価格的にはスーパーキングに近いものとなるため、ユーザーは好みで選ぶことになりそうだ。

 スーパーキングは2013年から継続となるが、SRとRがメカ式コンポと電動コンポ(外装)に両対応するフレームとなった。

大幅値下げを実現したフォーミュラキング

FORMULA KING(Black Silver Matt) フレーム価格(フレーム+シートポスト+ステム)399,000円(税込)FORMULA KING(Black Silver Matt) フレーム価格(フレーム+シートポスト+ステム)399,000円(税込)

 タイムトライアル用の「フォーミュラキング」は、新価格がフレームセット39万9千円となり、2013年モデルの71万円台から実に30万円以上もの大幅値下げとなった。

 これは生産体制の見直しによるもので、これまで最終工程を本国イタリアで行っていたものを、出荷まで一貫してアジアの協力工場で行うようにしたためだという。クオリティ低下を懸念する向きがあるかも知れないが、「従来より劣ることはない」(担当者)とのことで、素直に歓迎できるだろう。

羊の皮を被った狼 キングRSアクション

 プロ向けの性能を持つハイエンドカーボンロード「KING RS」(キングRS)に、カジュアルなカラーをまとった「KING RS ACTION」(キングRSアクション)が新登場した。

KING RS ACTION(Sky Blue) フレーム価格(暫定)436,800円(税込)KING RS ACTION(Sky Blue) フレーム価格(暫定)436,800円(税込)

 インテグラルシートポストを廃止し、代わりにフレームと同色のシートポストとステムをセットとした。パステルカラー3色と、精悍なステルス(ダークメタリック)、ホワイトの5色展開となる。こちらも生産体制の見直しにより、2013年モデルのキングRSより安くなった。

ネオプリマートに懐かしのモルテニカラー

Neo PRIMATO(Molteni) フレーム価格273,000円(税込)Neo PRIMATO(Molteni) フレーム価格273,000円(税込)

 デローザが創業以来ほとんど変わらない形で作り続けているスチールフレーム、ネオプリマートに、懐かしの「モルテニ」カラーが登場した。

 伝説の名選手、エディ・メルクスにフレームを供給していたデローザだが、メルクスが全盛期に所属していたチームがモルテニだ。オールドファンにはたまらないカラーリングだろう。

60周年モデルを限定発売 イタリア工房のアイデンティティ「ブラックラベル」

 1953年創業のデローザは、今年で60周年を迎える。これを記念して生産されるセッサンタ(イタリア語で60の意味)は、スチール、アルミ、チタン、カーボンの4モデルが、それぞれ全世界60台限定で作られる。全てサイズオーダーとなり、デローザ正規販売店のみでオーダーが可能だ。

60th - SESSANTA TITANIO(チタン) 完成車価格1,743,000円(税込) ホイールは出荷時には専用のグラフィックが施されることになっている60th - SESSANTA TITANIO(チタン) 完成車価格1,743,000円(税込) ホイールは出荷時には専用のグラフィックが施されることになっている
60th - SESSANTA CARBONIO(カーボン) 完成車価格1,963,500円(税込)60th - SESSANTA CARBONIO(カーボン) 完成車価格1,963,500円(税込)
60th - SESSANTA ALLUMINIO(アルミ) 完成車価格1,506,750円(税込)60th - SESSANTA ALLUMINIO(アルミ) 完成車価格1,506,750円(税込)

 フレームはそれぞれ現行モデルがベースとなるが(アルミのみ専用フレーム)、50周年モデルと同様の深い紺色にペイントされ、カンパニョーロ・スーパーレコードのメーンコンポ、ホイールはスペシャルグラフィックを施すボーラウルトラ2で組み上げられる。購入者には特別デザインのウエア上下セットや、購入者専用のスペシャルウェブサイトへのアクセス権が贈られるという。

60th - SESSANTA ACCIAIO(スチール) 完成車価格1,443,750円(税込)60th - SESSANTA ACCIAIO(スチール) 完成車価格1,443,750円(税込)
60thスチールはネオプリマートがベースだが、最近珍しいカンパのロードエンドを採用している60thスチールはネオプリマートがベースだが、最近珍しいカンパのロードエンドを採用している

 また、セッサンタは新シリーズ「ブラックラベル」の第1弾となる。世界の自転車生産の中心が台湾や中国に移った今もなお、イタリア・ミラノ郊外に生産拠点を構えるデローザ。そのプライドを具現化する“完全イタリア製”の証が、このブラックラベルだ。“イタリアの工房”であるというデローザの原点に立ち戻り、そのアイデンティティを今後も大切に守っていくという決意の表れといえよう。


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

デローザ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載