観光客の利便など目的に「ももちゃり」お目見え 岡山で貸自転車事業スタート

  • 一覧
市街地の渋滞解消と観光活性へお目見えした貸自転車「ももちゃり」 =岡山市市街地の渋滞解消と観光活性へお目見えした貸自転車「ももちゃり」 =岡山市

 渋滞緩和やCO2削減、観光客への利便などを目的にした岡山市の貸自転車事業「コミュニティーサイクル」が27日、スタートした。出発式では高谷茂男市長が試乗して使いやすさをPR。8月末まで基本料金が無料なこともあり、市中心部に設置した貸出・返却用のサイクルポートには、初日から多くの市民らが詰めかけた。

 市中心部の交通渋滞解消だけでなく、岡山城や岡山後楽園など観光施設のそばにもポートを設置し、観光客の利用も見込めるとして、自転車購入や施設整備に約1億円を投じた。

 3段変速機がついた20インチ自転車140台は、市民からネーミングを公募し、「ももちゃり」に決定。利用は携帯電話とICOCAなどのICカードで登録し、JR岡山駅前など市中心部17カ所に用意された専用ポートの駐輪機で借りて、返却するシステム。1回1時間100円が基本料金で、1日利用(200円)なら24時間何度でも使うことができる。8月末までは基本料金無料のキャンペーンを実施。また、ポートのうち石山公園など3カ所は8月中旬から利用できる。

 同市では「事前に行った社会実験でニーズは多い。目標の車依存社会からの脱却、さらに観光客の利用で中心部のにぎわい創出にもつなげたい」と期待を込めている。

MSN産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載