2013 UCI BMX 世界選手権大会長迫吉拓がエリート男子7位の快挙 日本人で初めて決勝に出場

  • 一覧
BMX世界選手権で日本人選手としてはじめてエリート男子決勝を走る長迫吉拓(993)BMX世界選手権で日本人選手としてはじめてエリート男子決勝を走る長迫吉拓(993)
長迫吉拓長迫吉拓

 ニュージーランド・オークランドで開催されている2013 UCI BMX 世界選手権大会は28日、チャンピオンシップカテゴリーのレースが行われ、エリート男子の長迫吉拓(ベクトル)は日本人としてこのクラスで初めて決勝に進出。7位に入る快挙を成し遂げた。

 昨年の世界チャンピオン、サム・ウィロビーら有力選手が早々に姿を消すなか、初戦から1/8ファイナル、準々決勝、準決勝を勝ち上がった長迫。迎えた決勝では5番手付近のポジションから第1コーナーで内側のラインを選択し、一時は順位を上げたもの転倒、再スタート後7位でゴールした。

■エリート男子決勝
1 PHILLIPS Liam(イギリス) 23.280
2 WILLERS Marc(ニュージーランド) +0.212
3 BRETHAUER Luis(ドイツ) +1.097
4 JASPERS Martijn(オランダ) +2.042
5 NYHAUG Tory(カナダ) +2.068
6 CALLAN Joshua(オーストラリア) +2.879
7 長迫吉拓(日本) +18.597
8 NOBLES Barry(アメリカ) +32.521

(写真・情報提供 全日本BMX連盟

関連記事

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載