回遊魚のように走り続けた6時間真夏の漁港でエンデューロ! 「Fish Man Race in 静岡・焼津港」 大漁旗がはためく中を約450人が快走

  • 一覧

 静岡県の焼津漁港を舞台にしたサイクルイベント「港まちの華となれ風となれ Fish Man Race in 静岡・焼津港 ~真夏の回遊エンデューロ~」が7月7日(日)に開催された。漁港を封鎖してつくられた2.2kmの特設コースを、約450人の選手が回遊魚さながらに6時間走り抜けた。

会場内に飾られた大漁旗。カラフルな旗が会場を彩った会場内に飾られた大漁旗。カラフルな旗が会場を彩った

ファンファーレや太鼓でお祭り気分

 朝の受付から、焼津のキャラクター「やいちゃん」とMCの南“カミナリ”隼さんがお出迎え。開会式にはゲストライダーの4名も加わり、賑やかな大会開幕となった。魚河岸シャツに衣替えをしたやいちゃんは一日中、観客や子供たちに囲まれて大人気だった。

焼津のキャラクター「やいちゃん」とMCの南 “カミナリ”隼人さん焼津のキャラクター「やいちゃん」とMCの南 “カミナリ”隼人さん
ゲスト参加のProject-OPUS所属・佐藤咲子選手と日本競輪選手会の鈴木選手、河合選手、平田選手ゲスト参加のProject-OPUS所属・佐藤咲子選手と日本競輪選手会の鈴木選手、河合選手、平田選手

 開会式に続いて、自転車レース初心者のための「レースデビュークリニック」を開催。Project-OPUS(プロジェクト オーパス)所属の佐藤咲子選手が、レースに臨む心構えや安全確保についてわかりやすく語りかけ、多くの参加者が熱心に耳を傾けていた。

ステージの周りには、クリニックを受講するたくさんの参加者が集まったステージの周りには、クリニックを受講するたくさんの参加者が集まった
背中に初心者マークを付けた参加者を発見。ナイスアイディア!背中に初心者マークを付けた参加者を発見。ナイスアイディア!
スタート地点には、スタートの瞬間を一目見たい観客が集まったスタート地点には、スタートの瞬間を一目見たい観客が集まった

 会場周辺は早朝から厚い雲に覆われていたが、スタートを迎える頃にはうそのように晴れ渡り、絶好のレース日和に恵まれた。

自前の傘でレースクイーンさながらにハイ、ポーズ!自前の傘でレースクイーンさながらにハイ、ポーズ!

 スタートの整列には、仲間が“レースクイーン”になるチームも。焼津水産高校吹奏楽部によるファンファーレが高らかに鳴り響く中、9時30分に6時間のエンデューロがスタートした。2.2kmのほぼフラットなコースのため、序盤から高速で走行する集団がいくつも現れ、レースを盛り上げた。一方、地元のチームがママチャリで走る姿や、マウンテンバイクや小径車でマイペース走行を楽しむ参加者も数多く見受けられた。

焼津水産高校吹奏楽部の応援。地元オリジナルのウェア「魚河岸シャツ」が涼しげ焼津水産高校吹奏楽部の応援。地元オリジナルのウェア「魚河岸シャツ」が涼しげ
グリーンフラッグが振られ、いよいよ本格的にレースがスタートグリーンフラッグが振られ、いよいよ本格的にレースがスタート
選手の姿とともに船が写り込む景色は、港ならでは選手の姿とともに船が写り込む景色は、港ならでは
テトラポットの列の前を疾走テトラポットの列の前を疾走
見事な晴天に恵まれました見事な晴天に恵まれました
梅雨明けの晴天は体に堪える…梅雨明けの晴天は体に堪える…

 コース脇では和太鼓や大漁旗で、港らしく勇ましい応援が展開された。レースは6時間の長丁場だが、様々な演出によって選手の応援が絶え間なく続いた。

焼津太鼓愛好会による和太鼓の演奏焼津太鼓愛好会による和太鼓の演奏
自前の大漁旗で仲間を応援する姿も自前の大漁旗で仲間を応援する姿も
総勢150名のダンサーが華麗なダンスを披露総勢150名のダンサーが華麗なダンスを披露
地元の子どもたちが選手を力強く応援地元の子どもたちが選手を力強く応援

 

マグロ、カツオ、アワビ、サザエ…自転車レースで海の幸を満喫?!

あら汁で塩分を補給して、残りのレースを頑張るぞ!あら汁で塩分を補給して、残りのレースを頑張るぞ!

 会場内には、地元の魚河岸ブースがずらりと並ぶ「なにっかあるらぁ~焼津」コーナーが出現。地元で獲れた貝やマグロ、カツオなどを楽しめるとあって、参加者だけでなく地元の人も多数来場してブースを訪れていた。生で食べたり、煮たり焼いたりと、様々な方法で調理された海の幸が並び、会場内は食欲をそそられる美味しそうな香りに包まれた。

「鯛のあら汁」が無料でふるまわれた「鯛のあら汁」が無料でふるまわれた
暑い日でも、新鮮なあら汁は大人気暑い日でも、新鮮なあら汁は大人気
マグロやカツオの漬丼マグロやカツオの漬丼
アワビやサザエの磯焼きを販売アワビやサザエの磯焼きを販売
地元名産の車輪揚げ地元名産の車輪揚げ
鰹節を販売するブースも鰹節を販売するブースも
ゴールする選手ゴールする選手

 午後3時半、長い戦いの幕が下りた。チェッカーフラッグを受けた参加者は、お互いの健闘を讃え合い、笑顔があふれた。さらに、バイクの先導に続いて最終走者がメイン会場に戻ってくる「ウィニングラン」を迎えると、選手の誇らしげな表情と、長時間のファイトを称える観客の声援や拍手によって、会場は温かい雰囲気に包まれた。

チェッカーフラッグを受けてゴールチェッカーフラッグを受けてゴール
沿道の声援にこたえる選手沿道の声援にこたえる選手
地元の子どもたちも温かく選手を迎え入れた地元の子どもたちも温かく選手を迎え入れた

 ゴール後には、Fishロックバンド「漁港」のスペシャルライブを開催。魚をテーマにしたユニークな歌詞と独特のメロディーが会場に響き渡った。

Fishロックバンド「漁港」の2人Fishロックバンド「漁港」の2人
6時間の戦いを終えて、笑顔がこぼれる6時間の戦いを終えて、笑顔がこぼれる
クイズでOPUSの完成車「Oldie」(オルディー)が当たった幸運な女性。来年はこの自転車で出場してください!クイズでOPUSの完成車「Oldie」(オルディー)が当たった幸運な女性。来年はこの自転車で出場してください!
全参加者が入っての記念撮影全参加者が入っての記念撮影

 ※この大会は全国のサイクリストを対象にしたシリーズ型イベント「WizSpo!!BIKEシリーズ」の、2013年開幕戦として開催された。今シーズンは、秋に3大会が開催予定。それぞれ特徴が違う、個性的な大会が続くユニークなシリーズ戦となっている。
 
【第4戦】-レイクサイド・サイクルフェスター かすみがうらエンデューロ
2013年10月12日(土) 茨城県かすみがうら市にて開催
URL:http://kasumigaura.wizspo.jp/
 
【第5戦】温泉ライダー in SAKURA ~日本三大美肌の湯・栃木きつれがわ温泉~
2013年11月16日(土) 栃木県さくら市にて開催
URL:http://onsen-rider.sakura.wizspo.jp/
 
【第6戦】~日本分断!!~ 天下分け目の東西対抗エンデューロ in ECOPA
2013年11月23日(土) 静岡県袋井市にて開催
URL:http://east-west.wizspo.jp/

■「Fish Man Race in 静岡・焼津港」大会公式サイト http://fish-man.wizspo.jp/
■WizSpo!!公式サイト http://wizspo.jp/

 

余裕の表情でピース!余裕の表情でピース!
特別賞「回遊カツオ賞」を受賞したチーム特別賞「回遊カツオ賞」を受賞したチーム
地元焼津から参加地元焼津から参加
船をバックに記念撮影船をバックに記念撮影
6時間交代で走りきった2人とマネージャー6時間交代で走りきった2人とマネージャー
1日みんなで走りきったあとの表情は清々しい1日みんなで走りきったあとの表情は清々しい
大会前日に12時間かけて制作した魚の被りものを身につけてレースに参加大会前日に12時間かけて制作した魚の被りものを身につけてレースに参加
地元の子どもたちとMC南さんの弾ける笑顔地元の子どもたちとMC南さんの弾ける笑顔
船と自転車のコントラストは、この大会ならでは船と自転車のコントラストは、この大会ならでは
大漁旗と船大漁旗と船

関連記事

この記事のタグ

エンデューロ ツール・ド・ニッポン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載