伊豆市、掛川市などから自走で県庁へ集結富士山の世界遺産登録を機に「サイクルツーリズム」普及を サイクルキャラバン隊が静岡県に要望

  • 一覧
「サイクルツーリズム」の普及を目指して静岡県庁を訪問したサイクルキャラバン隊 =7月18日「サイクルツーリズム」の普及を目指して静岡県庁を訪問したサイクルキャラバン隊 =7月18日

 サイクリングを通じて環境保護や観光、スポーツ振興などを目指す「サイクルツーリズム」の普及を目指して、静岡県サイクルツーリズム協議会(太田忠四郎会長)のサイクルキャラバン隊が18日、県庁に森山誠二副知事を表敬訪問した。

 キャラバン隊は伊豆市観光協会の板垣敏弘事務局長ら7人で構成。この日朝、それぞれが自転車で出発し、炎天下を約55km離れた伊豆市や、約85km離れた掛川市から県庁まで走破した。

 太田会長ら一行は、森山副知事に、協会としての富士山の世界文化遺産登録記念事業への取り組みを説明。本県をサイクルツーリズムの「適地」に推進するための環境整備などを求める要望書を提出した。

産経新聞 静岡版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム ツーリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載