「今しかできないことを」と会社を退職自転車日本一周に挑戦中の川井田一輝さん、兵庫県から京都府へ 8月末までに北海道を目指す

  • 一覧

 会社を退職し、鹿児島・種子島から自転車で日本一周にチャレンジしている川井田一輝さん(24)が、鳥取県から兵庫県に入り、7月17、18日は豊岡市に滞在した。19日は京都府舞鶴市に向かい、今後は日本海沿いに北上。8月末までに北海道を目指すという。

自転車で日本一周にチャレンジ中、「道の駅あまるべ」に立ち寄った川井田さん =香美町香住区自転車で日本一周にチャレンジ中、「道の駅あまるべ」に立ち寄った川井田さん =香美町香住区

 川井田さんは、2年前に自転車で日本一周をした人のブログを見て感動し、「今しかできないことを」と今年5月に会社を退職。6月22日に日本一周を目指して種子島を出発し、九州から中国地方を経て、兵庫県へ。香美町では道の駅あまるべに立ち寄った。

 当初は自炊をしていたが、自炊用具が自転車の負担になり、現在は外食中心。宿泊は野宿が多いが、日記用のブログを更新するため、ネットカフェも利用している。1日の走行距離は50~100km。「120kmを走ったときはお尻が痛かった」という。

 また、九州を走行中は梅雨時期で「ほぼ毎日雨でした」といい、中国地方に入って猛暑が続き、「体力的にもきつい状態」と話す。

 車道を走るため、「バスや大型トラックが近くを走ると身に危険を感じる」として、夜は走らず、日中に距離を稼ぐ。

 日本一周にチャレンジして約1カ月。旅先では人とのふれ合いもあり、道の駅あまるべでは、日本一周にチャレンジ中と知った観光客から、「暑さ対策に使って」と新しいタオルをプレゼントしてもらった。

 目標達成への道のりは遠いが、川井田さんは「けがをしないように注意して、もっといろんな所を見てみたい」と、日に焼けて真っ黒になった顔をほころばせた。

産経新聞 但馬版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載