小・中学生のためのMTBサマーキャンプを開催

  • 一覧
昨年のサマーキャンプの模様昨年のサマーキャンプの模様

 マウンテンバイク(MTB)を通じて自然と触れあい、社会体験や共同生活を学ぶことができる小・中学生向けの合宿が、7月29日より長野県白馬村で行われる。「マウンテンバイクサマーキャンプin白馬さのさか」は、8月4・5日に白馬村で開催される「第11回全国小学生・中学生マウンテンバイク大会白馬さのさか」への一週間を、MTBのトレーニングを中心に、同年代の参加者との合宿で過ごすものだ。今年で7回目となる。

 合宿のプログラムはMTBの乗り方を学ぶトレーニングを中心に、ミニツーリング、また乗るだけではなく整備講習会や、農業体験、蛍の里鑑賞など、幅広いものになっている。家族と離れての共同生活やふるさと体験から、社会生活を学び、他地域の友達との交流を深めることが可能だ。講師には日本マウンテンバイク協会の公認インストラクターや現役トップ選手を迎えており、また生活面では林間学校などの受け入れ実績のある宿泊施設がサポートするので、安心して参加することができる。

 今年は初心者から楽しくMTBの基礎を学べる「一般コース」に加え、週末の全国大会に向けてより高度なトレーニングを行う「レーシングコース」を新設。幅広いニーズに対応する。レーシングコースでは一般コースのプログラムに加え、涼しくなってきた午後4時ごろから、現役トッププロとレースに向けての特訓をする予定だという。

 白馬さのさか観光協会のサイトから参加要項と申込書をダウンロードできる。申し込み締切は7月20日。その後も対応可能な場合があるので、電話で問い合わせてほしいとのこと。サマーキャンプ事務局のブログでは、昨年のサマーキャンプの様子を画像と映像で見ることができる。

白馬さのさか観光協会のサイト

MTBキッズサマーキャンプ事務局のブログ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載