title banner

西加南子の“勝手に”サイクルカフェ紀行<9>「名倉メロン農場」併設カフェ メロンのフルコースを注文、マスクメロンの甘さに絶句!

  • 一覧

横に長~い静岡県の西部を走る

 高速道路を走っている時、「いつまで続くんだ静岡県!」と思ったことはありませんか? 私の生まれ故郷である掛川市は静岡県でも西部に位置し、同じ静岡県でも伊豆半島や東部の地域とは地域性や言葉が微妙に異なります。最近話題となっている世界遺産・富士山は東部にありますね。

お茶畑は2番茶の刈り入れ中でしたお茶畑は2番茶の刈り入れ中でした

 西部にも、浜名湖周辺や一面の茶畑を見渡せる、素晴らしいサイクリングコースがあります。私が実家に帰ると決まって走るコースは、キャンプ場をとおり山を越え、ジャージー乳の美味しい「しばちゃん」牧場(ヨーグルトシェイクがお気に入り!)の横を通過。国内有数のバラの産地・吉岡の温室が並ぶ通称“バラ団地”を横目に走ってエコパスタジアムを抜け、さらに茶畑の間を進み、団子がおいしい法多山尊永寺を訪れてから帰宅します。ところどころグルメスポットがあるのが、このコースのいいところです。

 今回はそのコースからちょっと足をのばし、おいしいマスクメロンが食べられるメロン農場があるというので行ってみました。

「名倉メロン農場」に到着=静岡県袋井市「名倉メロン農場」に到着=静岡県袋井市

完熟メロンを気軽に味わう「名倉メロン農場」カフェ

 マスクメロンといえば、フルーツ店に鎮座する高級品。お店で買うにはなかなか勇気がいりますよね。名倉メロン農場では、「おいしい完熟メロンを気軽にタップリ味わってもらいたい」と、2001年にカフェが併設されました。

農場に併設されたカフェのテラス席農場に併設されたカフェのテラス席
パッションフルーツが栽培されている温室もカフェのテーブルスペースになっていますパッションフルーツが栽培されている温室もカフェのテーブルスペースになっています
甘さに絶句! 頭もとろける甘さです甘さに絶句! 頭もとろける甘さです

 カットメロン(1/2 1400円、1/4 700円、1/8 350円)はメロンそのものを味わえる定番の食べ方ですが、それに100円をプラスすると、オプションでブランデーやアイスクリーム、ゼリー(季節限定)をつけることができます。

 そのほか、メロンのシャーベット、メロンパフェ、メロンスープ、メロンシフォン、メロンジュースなど、テンションが上がりっぱなしのメロンづくしメニューがずらり! ここは落ち着いてカットメロンを注文。さらに人気メニューのカットメロン、メロンジュース、メロンのシフォンケーキ、メロンシャーベットが全部食べられるメロンコース(1000円)も。

 まず出てきたのはカットメロン。ハーフカット…半分ですよ、半分! 視覚的な興奮に目がくらみながら一口食べると、その甘さは気を失うほどです。久しぶりにこんなに甘いメロンを食べました。幸せです。

 落ち着いたところでメロンコースを味わいます。しっかりメロン味のメロンシャーベットとメロン100%ジュース、再びカットメロン1/8にふんわりとやさしいメロン味のシフォンケーキです。

豪快な1/2カットメロン!豪快な1/2カットメロン!
メロンのフルコース。色んな食感が楽しめます。添加無しのメロンそのまま味メロンのフルコース。色んな食感が楽しめます。添加無しのメロンそのまま味

 メロンそのものをたっぷりと味わいたければシンプルにカットメロンがいいですね。味と食感の変化を楽しみたければ珍しいメロンコースがお勧めです。

 名倉メロン農場では、メロンを1年中味わうことができます。ガラス温室では、メロン生産者である名倉正司さんと正悟さん親子がきめ細かな水、そして温度管理をして1本の木に1玉のメロンを育てています。1つの温室で1年に3回収穫できるということですが、この手間と設備をみたらマスクメロンが高額な理由がよくわかります。

カフェのメニューを調理する名倉朋子さんカフェのメニューを調理する名倉朋子さん
メロン生産者の名倉正司さんメロン生産者の名倉正司さん
温室は冷暖房完備、施設の維持費も相当なものですね温室は冷暖房完備、施設の維持費も相当なものですね
温室の手前にはメロン栽培の過程を説明した看板があります温室の手前にはメロン栽培の過程を説明した看板があります
こちらの温室のメロン苗は受粉したばかり。雌しべをとって味見させてもらいました。甘かった!こちらの温室のメロン苗は受粉したばかり。雌しべをとって味見させてもらいました。甘かった!

 温室では時期によってはその栽培の様子を観察することができます。私がうかがった時は、1つの温室が受粉作業を終えたばかりでした。雌しべを1つ摘み取って味見をさせてもらいましたが、なんと甘いメロンの味がしました。何から何までメロン味で大満足でした。

◇      ◇

 帰りにとおった美しいお茶畑では、2番茶の摘み取り真っ最中で、今度は緑茶が飲みたくなりました。

 静岡県西部には派手な景色や観光スポットはなくても、里山の素朴な風景や穴場的なおいしい物を食べられるところがあり、サイクリングにはもってこいの地域ですよ。

「名倉メロン農場」カフェ
 所在地: 静岡県袋井市山崎 4334
 TEL: 0537-48-5677
 E-mail: nobi2@nagura-melon.jp
 営業時間: 土・日・祝日のみ10:00~17:00 ※平日利用の場合は要予約
 ホームページ: http://nagura-melon.jp/index.html
※カフェ以外にショップの定休日は月曜日

文・写真 西加南子

西加南子西加南子(にし・かなこ)
日本大学短期大学在学中、トライアスロンを始める。1994年、サイクルショップ「ズノウイースト」(千葉県船橋市)にて本格的に自転車ロードレースを開始。8年間「チーム ラバネロ」に所属し、2010年からは自身のチーム「Luminaria」を運営・活動する。座右の銘は「女は年齢じゃない、肌と筋肉だ!」、自他共に認めるカフェ好き。千葉県在住。ブログURL(http://www.kanakonishi.com/)

関連記事

この記事のタグ

グルメ サイクルカフェ紀行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載