【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2013 第19ステージ新城は最後の峠でまさかのハンガーノック 残すはあと2ステージ

  • 一覧
2つ目のカテゴリー超級の山を越えていく新城(飯島美和撮影)2つ目のカテゴリー超級の山を越えていく新城(飯島美和撮影)

 ツール・ド・フランス第19ステージ、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)は、先頭から29分52秒遅れの133位でゴールした。総合では100位に付ける。

 この日も厳しい超級山岳が2回、その後2級山岳を1回、さらに1級山岳2回を上るという、とても過酷なコースレイアウト。チームとしては区間優勝と、ピエール・ローランの山岳賞ジャージを狙うため、攻めの作戦でピエールは序盤の峠から積極的にアタックを仕掛けた。

 新城はメーングループで2つ目の超級山岳も越えたが、最後の峠でハンガーノックに陥ってしまった。エネルギー不足で血糖値が下がり過ぎてしまい、運動に支障をきたすという、車で言うガス欠状態。集団から大幅に遅れだしてしまう。

 レース後半に降りだした雨がさらに新城の体温を奪う。チームカーも前方の集団に上がってしまったため、途中、日本人ジャーナリストからウインドブレーカーを借り、震えながら何とかゴールにたどり着いた。

 「ダメだ……ハンガーノック。すぐに休みたいので……(ウインドブレーカーを貸してくださった)綾野さんありがとうございました」

 それだけ話すと、新城は辛そうな表情でチームバスの中に入っていった。

 続く第20ステージを終えれば、いよいよパリが見えてくる。ダメージが残らないように回復していることを祈るのみだ。

(レポート 飯島美和)

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2013 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載