新製品情報コルナゴ「AC-R」デビュー 2014年モデルが7月31日に先行発売

  • 一覧

 イタリアンバイクブランドのコルナゴから、2014年のニューモデル「AC-R」が発表された。ヒルクライムレーサーのM10をベースとしながら、魅力的な価格帯を実現した注目製品だ。フレーム価格で26万円台、105完成車で30万円を切る価格となっている。7月31日から先行販売される。

COLNAGO AC-R QTIT(ホワイト) ※パーツは実際の完成車と異なりますCOLNAGO AC-R QTIT(ホワイト) ※パーツは実際の完成車と異なります

 AC-Rでは、M10を彷彿させるボリュームのある外観とともに、乗り味もM10譲りの小気味良い軽快なフィーリングを実現した。フレームの構造は、M10が6ピースのパイプをラッピングしてフルモノコックのような構造としているのに対し、AC-Rでは3ピースのパイプからなる構造として、M10の高性能な走りを引き継ぎながらコストダウンを図っている。

 フレームサイズは8サイズもの豊富な展開で、幅広いユーザーに対応する。一番小さな420スローピングサイズであれば、身長150cm前後から使用可能だ。フレームはM10同様、全サイズがスローピングとなる。

 完成車コンポにはシマノ105のブラックバージョンを使用し、アグレッシブなフレームデザインと相まって、精悍なイメージを演出している。

COLNAGO AC-R QTOR(ブラック) ※パーツは実際の完成車と異なりますCOLNAGO AC-R QTOR(ブラック) ※パーツは実際の完成車と異なります
COLNAGO AC-R 105 TEAM B(チームブラック) ※パーツは実際の完成車と異なりますCOLNAGO AC-R 105 TEAM B(チームブラック) ※パーツは実際の完成車と異なります
COLNAGO AC-R TEAM W(チームホワイト)デザインCOLNAGO AC-R TEAM W(チームホワイト)デザイン

 カラーバリエーションは全4色。中でもチームヨーロッパカーが愛用するチームエディションブラックは、カーボンの繊維模様が鮮やかに映えるレーシング・イメージ。また新しいカラーパターンとなるQTIT(ホワイト)はイタリアを強くイメージさせ、爽やかで軽快な走りを連想させる。

COLNAGO AC-R 105
完成車価格: 299,250円(本体価格285,000円)
フレーム価格: 262,500円(本体価格250,000円)
サイズ: 420S/450S/480S/500S/520S/540S/560S/580S
カラー: QTIT(ホワイト)/QTOR(ブラック)/TEAM B(チームブラック)/TEAM W(チームホワイト)
フレーム: カーボン
フォーク: カーボン
コンポーネント: SHIMANO 105 (FCとBRは56シリーズ)
ホイール: COLNAGO ARTEMIS CW32
発売開始: 2013年7月31日

新城幸也選手が「AC-R」 ファーストインプレッション

新城幸也選手が全日本選手権ロードの前日にインプレッション。試乗の翌日、独走で2度目の全日本ロードエリート王者に輝いた新城幸也選手が全日本選手権ロードの前日にインプレッション。試乗の翌日、独走で2度目の全日本ロードエリート王者に輝いた

 この「AC-R 105」を新城幸也選手(チーム ヨーロッパカー)が、全日本選手権を翌日に控えた6月22日、レース前日のトレーニングライド後に、大分市内の宿泊ホテル周辺にてインプレッションした。

 「これはM10ですね! 僕はヨーロッパでC59をメーンバイクとしながらも、レースによってはM10で走っているんですよ。だからM10の乗り味は良くわかっているんですけど、ものすごい乗り味が似ていて、塗装がもし同じだったら気付かずにレースで乗っていたかも(笑)。

 特徴的なのは、M10と一緒で踏み出しの軽さ。ピエール・ローランなんかはその軽快な踏み味が大好きでC59ではなくM10を愛用していますが、それと全く同じものを感じます。ただM10よりもフレームのしなりが出ているので、初心者の人をはじめ楽に乗りたいなと感じている人に、すごい向いているんじゃないでしょうか。

 AC-Rは今日初めて見ましたが、ダウンチューブなんかはボリュームがあっていかにも走りそうな雰囲気を醸し出していますし、何と言ってもC59と一緒で直線でデザインされたフレームデザインが、スピードを感じさせレーシングバイクらしくて格好良いですね。カラーリングも僕が愛用しているチームカラーのC59と同じデザインで親近感が湧くし、カーボンの模様が見えてて高級感があって良いと思います。

 次また乗る機会があれば、いつもレースで使っているBORAとかカーボンホイールで試してみたいです。装着されていたホイールはスポークが多いので振動吸収が良く乗り心地が良いのですが、軽量なカーボンホイールに替えるだけで、もっとこのフレームの素性の良さを引き出せそうな感じがするんですよね。

 レースで勝ちたい人はM10。週末のロングライドなどを快適に走りたい人はAC-R。

 M10とAC-Rには共通点が多くあるものの、それぞれの特性がしっかりと味付けされていて、また魅力的なラインナップがコルナゴに増えて皆さんは困るでしょうね(笑)」


関連記事

この記事のタグ

コルナゴ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載