田中苑子の「愛しのツール 今年も追っかけてます」<5>ツール中盤戦の穏やかな日常、そしてマイヨジョーヌの不安

  • 一覧

 モンサンミッシェルでの第11ステージ・個人タイムトライアルを終え、一行は、ノルマンディー地方からプロヴァンスに向けてフランスの大地を大きく縦断している。その先にあるのは、2週目のクライマックスとなる第15ステージ、“悪魔が棲む山”と言われるモンヴァントゥーでの頂上決戦。それまでのステージは平坦基調のコースが続く。

スタートラインに向かうクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)スタートラインに向かうクリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)

 第13ステージは距離も比較的短かいため、スタート時刻は13時に設定された。ツール・ド・フランスはテレビ中継などの関係から、毎ステージ決まった時間にゴールを迎えるようになっている。つまり、レースの所要時間によって、スタート時刻が毎日異なって設定されているが、大概は12時前後にスタートすることが多い。

レースのスタート前に、サイン台の横で昨ステージの記事を読むレースのスタート前に、サイン台の横で昨ステージの記事を読む
スタート地点に選手の家族が応援にやってきた。選手の顔から、父の顔になるスタート地点に選手の家族が応援にやってきた。選手の顔から、父の顔になる

 この日は正午を回ってから、選手たちは出走サインやレース準備をしたわけだが、スタートが遅かったせいか、選手の雰囲気は少しリラックスしているように感じられた。時間をかけて、メディアの取材に対応する選手や、会場で待っている子どもたちへファンサービスをする選手などが多く、ようやく半分を折り返したツールで、緊張感が緩む瞬間だった。(しかし、レースが始まると、横風によって波乱の展開を見せることになったのだが…)

ファンサービスをするマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファルマ・クイックステップ)ファンサービスをするマーク・カヴェンディッシュ(オメガファルマ・クイックステップ)
スタート会場で選手を呼び止めて、インタビュー撮影が行われるスタート会場で選手を呼び止めて、インタビュー撮影が行われる
アルベルト・コンタドール(スペイン、サクソ・ティンコフ)も笑顔でサインをするアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソ・ティンコフ)も笑顔でサインをする
警備に当たる警察もフルームのサインが欲しい!警備に当たる警察もフルームのサインが欲しい!

 マイヨジョーヌを着るクリス・フルーム(イギリス、スカイ プロサイクリング)は、この日も常に多くのカメラに囲まれていた。チームメイトのエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー)がリタイアしたこともあり、アシスト体制が不安視される彼にとっては、気の抜けないステージが続く。

 「パリまでの道のりはすごく長いね…」。去年、チームのエースだったブラッドリー・ウィギンス(イギリス)との確執が報道されたときも、そう話していたが、今年のツールも彼にとって、とても“長い”ものになっている。カメラに向かって笑いかけてくれるが、その表情はどこか不安げだ。

トゥールの街でのスタート風景。晴天が続いているトゥールの街でのスタート風景。晴天が続いている
コース沿道で応援をする子どもたち。もう夏休みが始まっているコース沿道で応援をする子どもたち。もう夏休みが始まっている
キャラバン隊が配っている映画キャラクターのお面。ちょっとシュールだキャラバン隊が配っている映画キャラクターのお面。ちょっとシュールだ
ゴールで選手を迎える中野善文マッサー(サクソ・ティンコフ)ゴールで選手を迎える中野善文マッサー(サクソ・ティンコフ)

 南フランスで味わったような耐え難い暑さは少し落ち着き、心地のよい気候が続いている。フルームがマイヨジョーヌを取った時点で「今年のレースは終わったようなもの。もう家に帰るよ」なんて言う関係者が多かったが、ここにきて「いや、まだわからない!」と言い換える人が増えている。

 いよいよレースは後半戦。第13ステージの途中で、「パリまで225km」という道路標識を見たが、パリに行くのはまだ早い。このあとパリから遠ざかり、そして難易度の高いステージが連続する。

(写真・文 田中苑子)

トゥールのスタート地点。この日も多くの観客が集まったトゥールのスタート地点。この日も多くの観客が集まった
チーム一丸で掴んだ勝利に笑顔をみせるマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファーマ・クイックステップ)チーム一丸で掴んだ勝利に笑顔をみせるマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、オメガファーマ・クイックステップ)

田中苑子田中苑子(たなか そのこ)
1981年、千葉生まれ。2005年に看護師から自転車専門誌の編集部に転職。2008年よりフリーランスカメラマンに転向し、現在はアジアの草レースからツール・ド・フランスまで、世界各国の色鮮やかなサイクルスポーツを追っかけ中。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2013 田中苑子

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載