来年度には100台配備へ埼玉県警が全国で初めてクロスバイクを採用 機動力アップ

  • 一覧
クロスバイクで街頭をパトロールするハイパー・サイクル・ポリス =12日、さいたま市内クロスバイクで街頭をパトロールするハイパー・サイクル・ポリス =12日、さいたま市内

 スポーツタイプの自転車で警察官が街中をパトロールする「ハイパー・サイクル・ポリス」(H・C・P)の試験運用が7月12日、埼玉県警で始まった。マウンテンバイクに近い形状の「クロスバイク」に乗って日常的にパトロールする試みは全国初という。まずは10台を試用し、来年度には100台程度を配備したい考えだ。

 県警はこれまでも所轄の警察官が自転車でパトロールしていたが、使うのは一般的な「ママチャリ」などだった。H・C・Pでは、最速40km程度出せるクロスバイクの高速性や、小回りの効く機動力を生かし、街中の犯罪抑止などを図る。

 今回は、浦和署や川越署で選抜された署員が10台のクロスバイクに乗車。デザイン性と安全性の高いヘルメットを着用し、県民に自転車用ヘルメットの着用も呼びかける。

 埼玉は県民1人当たりの自転車保有台数が全国1位の“自転車王国”で、自転車の事故が多発。県警はH・C・Pの活動を通し、安全運転を啓発する方針だ。

MSN産経ニュースより)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載