大会・イベント情報201310月開催の「サイクリングしまなみ2013」へエントリー続々 瀬戸内海を望む43~109kmの3コース

  • 一覧

 瀬戸内海の島々を渡るしまなみ海道を舞台に、10月20日に開催される「サイクリングしまなみ2013」の参加申し込みがスタートした。自転車愛好家に人気のサイクリングスポット、また使用中の高速道路を封鎖して行なう日本初のサイクリングイベントとあって、3000人の参加枠へ続々とエントリーが集まっている。

しまなみ海道の来島海峡大橋から大島方面を望むしまなみ海道の来島海峡大橋から大島方面を望む
「サイクリングしまなみ2013」コースマップ「サイクリングしまなみ2013」コースマップ

 愛媛県今治市をスタート・ゴールとする3つのコースには、大島・伯方島・大三島を渡り、大三島を一周する「大三島コース(約109km)」、大島・伯方島を巡る「伯方島コース(約61km)」、大島を周遊する「大島コース(約43km)」が設定されている。レベルはそれぞれ上級、中級、ファミリー向け。いずれのコースも今治と大島の間に架かる三連吊橋・来島海峡大橋を渡り、しまなみの絶景の中、海風を感じながら走ることができる。

 イベントの魅力は、美しい風景だけでなく瀬戸内のグルメ。今治の受付会場では、地域特産品の展示販売といったエキスポの開催が予定されているほか、コース上に5カ所設けられたエイドステーションでは、柑橘類やお饅頭など地元の特産品が供される。立ち寄るエイドステーションの数は、コースごとに上級5カ所、中級2カ所、ファミリー1カ所となっている。

 サイクリングしまなみ2013は、来年春の展覧会“瀬戸内しまのわ2014”のメイン・イベント「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会」のプレ大会として開催。大会主催者は、プレ大会を開催することで「国内外へのPRとなるほか、地元住民の理解促進や支援・協力関係を築くことができる」とし、2014年の国際大会成功へ向けて今大会の運営にも意気込みをみせている。

今治から大島に架かる来島海峡大橋今治から大島に架かる来島海峡大橋

瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリングプレ大会
「サイクリングしまなみ2013」開催概要

 
 開催日: 2013年10月20日(日) ※受付は10月19日(土)
 主催: 瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリングプレ大会実行委員会
 構成団体: 愛媛県、今治市、松山市、上島町、愛媛県商工会議所連合会、 愛媛県商工会連合会、一般社団法人愛媛県バス協会、一般社団法人愛媛県トラック協会、 愛媛県旅客船協会、四国旅客鉄道株式会社、公益財団法人松山観光コンベンション協会、 公益社団法人今治地方観光協会、公益財団法人日本サイクリング協会
 共催: 公益社団法人今治地方観光協会
 後援: 広島県
                ◇      ◇
 受付会場: 次の3会場より選択
  -愛媛県松山市(愛媛県庁)
  -愛媛県今治市(今治新都市) ※地域特産品の展示販売などのエキスポを開催予定
  -広島県尾道市(尾道市役所)
 スタート・フィニッシュ地点: 今治新都市(愛媛県今治市矢田・今治ICから車で約1分)
 コース内容:
  (A)大三島折り返しコース【上級コース、約109km】 おとな7,000円
  (B)伯方島折り返しコース【中級コース、約61km】 おとな4,000円、こども2,000円
  (C)大島折り返しコース【ファミリーコース、約43km】 おとな3,000円、こども1,500円
 参加資格:
  -小学生4年以上の健康な男女で、各コースを制限時間内に完走できる脚力をもっている方 ※小・中学生は保護者同伴のこと
  -大三島コースは、高校生以上でこれまでに70km以上のサイクリングイベントに出場し、完走した経験のある方
  -実行委員会の定めた車種規定および大会規約を承認した方
 参加定員: 3,000人 ※定員になり次第締め切り
 申込方法: 大会エントリーページより
 申込締切: 2013年9月20日(金) ※定員になり次第締め切ります
 問合せ: 瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリングプレ大会実行委員会
  【今治現地本部】0898-31-3190 ※土・日、祝日を除く9:00~17:00 
  【東京事務局】03-3714-1733 ※土・日、祝日、第3金曜日と8/10~8/19を除く10:00~17:00


関連記事

この記事のタグ

イベント しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載