バイクインプレッション2013「CERVELO S5」 レールの上を走るように鋭く冷静に突き進む、高剛性なエアロロード

  • 一覧

 サーヴェロは1995年に設立され、当初は革新的なタイムトライアルバイク(TTバイク)の開発をしていた。市販予定もなく進められていたプロジェクトだったが、トライアスリートやプロライダーから注目を集め、瞬く間に、ロードのトップチームに機材供給をするトップブランドの一員としての地位を確立させた。現在のロードバイクのラインナップにはエアロダイナミクスを極めたSシリーズ、軽量さを追求したRシリーズがあり、それぞれ3グレードずつ用意されている。

「CERVELO S5」(サーヴェロ S5) 「CERVELO S5」(サーヴェロ S5)

CERVELO S5(サーヴェロ S5)
価格:493,500円(フレーム)
598,500円(アルテグラ完成車) 
724,500円(アルテグラDi2完成車) 
サイズ:48、51、54、56
カラー:ブラック
問い合わせ先:東商会 http://www.eastwood.co.jp

 

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:サーヴェロ エアロ ウルトラライト
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ: シマノ・アルテグラ 53×39T、11−23T(10速)
重量:1160g(フレーム、サイズ54)

フロントフォークに近づけたダウンチューブは、上から縦方向に見ると非常にシャープだフロントフォークに近づけたダウンチューブは、上から縦方向に見ると非常にシャープだ
左右非対称でガッチリとした太いチェーンステーと、扁平形状のシートステー左右非対称でガッチリとした太いチェーンステーと、扁平形状のシートステー
空気抵抗の軽減をもたらす、独特のシートチューブ周辺の集合部空気抵抗の軽減をもたらす、独特のシートチューブ周辺の集合部

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

米山 個人的には現役時代にタイムトライアルでこのブランドのバイクを使用していたので思い入れがあります。サーヴェロは特徴がはっきりとしているブランドなので、この系統が好きな一定のファンがいるだろうね。

松尾 見た目も、乗ってみてもTTバイク! 縦剛性が高いので脚が売り切れないうちは良いと思います。もっと重心が高い印象を持っていましたが、バイクが地面に張り付くようで、全体的にバランスは良かったです。

米山 剛性はビシっときてるね。TTバイク系と言ったらいいのか、鋭く、淡々と前を見据えて走る感じ。以前乗り込んでいた僕のTTバイクはレールに乗っているかのような、冷静にひたひたと前進していく感じだったけど、S5も似たような感触だったよ。

松尾修作 バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
バックスレーシング ウィズ 埼玉所属。Jプロツアーに参戦するレーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

松尾 縦に硬いので乗り心地についてはそれなりですが、ゼロ発進の出足や加速のフィーリングはライバル機と比較してもけっこう良かったと思います。

米山 うん。グイッと力強く加速するね。乗り心地についてはこの戦闘的フォルムに求めないでください、だよ。このボリュームでも比較的重量は軽いフレームだけど、上りはどうだった?

松尾 重量面はいいかもしれませんが、やっぱり設計として縦剛性が高いので、身体でリズムを作ってあげないと少し疲れそうですね。ダンシングよりシッティングでくるくる脚を回していくほうが合っていると思います。

米山 そうなんだよね。腰を下ろしてペースを保つほうが良いね。自分でテンポを維持できないと、疲れてきた時には一気に止まってしまうかも。そこはフレーム任せではなく、乗り手側に工夫とコツがいる。脚があるうちはビュンビュン走るけど。

松尾 でもTTバイク系とはいえ、ロードバイクに必要な性能をジオメトリーに落とし込んでいるので、加速や上りに対応できていますよね。ただ、速く走らせるならテクニックがいるなと。低いケイデンスでトルクを掛けるときも、上手く縦の硬さをいなしてあげると身体もつかれないと思います。 そうそう、下りでスピードに乗った時は爽快でしたよ。身のこなしは意外と良いバイクで、ヒラヒラ動くを作りやすいです。

米山 こういう尖ったモデルは使用用途に合わせて選ぶべきで、合致すればサーヴェロの性能を楽しめる。僕は好き。

松尾 カッコイイですしね。これまで試乗した中にもエアロ系ロードバイクはいくつかありましたが、そのなかでもS5は最も印象が良いバイクの1つになりました。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 和田やずか

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サーヴェロ バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載