【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2013 第10ステージゴール直前でメカトラブル、スプリントに加われず 「一桁を狙える良い位置にいたのに…」

  • 一覧

 7月9日に行われたツール・ド・フランス第10ステージ。前日の休養日(移動日)から一夜明けて、新城幸也(チーム ヨーロッパカー)はそれまでのステージがなかったかのように元気な姿を見せた。

しっかりとサコッシュ受け取り補給所を通過する新城幸也(飯島美和撮影)しっかりとサコッシュ受け取り補給所を通過する新城幸也(飯島美和撮影)

 この第10ステージでは、ゴールスプリントに備えて準備をしながら走ったが、ラスト1.5kmで変速機が取れてしまうメカニックトラブルに見舞われ、残念ながらゴールスプリントには加われず169位で区間を終えた。

 ゴール後の新城は、「悔しい。絶対ゴールスプリントに加わるつもりで、温存しながら走って、一桁を狙える良い位置にいたのに。リアディレーラーが壊れて、吹っ飛んだっ!」と、メカトラブルへの悔しさを露わにした。

 しかし、すぐに気を取り直し、「落車しなかったので良かった。調子は上がり調子!! 明日の個人タイムトライアルは、明後日のレースにつなげる走りをしたい」と前を向いて語った。

(レポート 飯島美和)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2013 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載