自転車に乗った「つなが竜ヌゥ」をボディーに「さいたまクリテリウム」をPR トリコロールカラーのレースカーがお披露目

  • 一覧
「さいたまクリテリウム」のPRのため、市のキャラクターが描かれたレーシングカー「さいたまクリテリウム」のPRのため、市のキャラクターが描かれたレーシングカー

 さいたま市で10月に開催される自転車レース「さいたまクリテリウムbyツールドフランス」をPRしようと、今年、全国で開催されるカーレース「GAZOOレーシング86/BRZレース2013」に参戦する車両に、市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がペイントされたものが完成し、お披露目された。

 このレーシングカーを作ったのは自動車部品設計会社「ボメックス」(同市岩槻区)。今月から11月まで全国7会場で行われ、全参加者が同じスペックの車両で競うレースに出場する。

 エントリー車両のボディーは「ツール・ド・フランス」の本戦が開催されているフランスの国旗をイメージしたトリコロールカラー。その上にさいたまクリテリウムのPR用にデザインした「クリテリウムヌゥ」を描き入れた。

 同社の伊坂光弘社長(39)は自転車競技にも興味があったという。「世界的な自転車レースがさいたま市で開かれることを全国に知らせたかった」と市に協力を申し出て、このペイントが実現した。

MSN産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載