「十分な指導や注意をしていたといえない」小5の自転車事故、親に約1億円の賠償命令 相手女性は意識不明 兵庫

  • 一覧

 神戸市北区で平成20年9月、当時小学5年生だった少年(15)の自転車にはねられて意識不明の状態が続いている女性(67)の夫と、保険金を支払った損害保険会社が、少年の母親を相手取り、計約1億590万の損害賠償を求めた訴訟の判決が神戸地裁であり、田中智子裁判官が母親に計約9500万円の支払いを命じたことが5日、わかった。判決は4日付。

 判決によると、少年は自転車で帰宅途中、対向から歩いていた女性と正面衝突。女性は転倒した際に頭を強く打ち、今も意識が戻っていない。

 田中裁判官は、少年が下り坂を時速20~30キロで走行し、前方不注視が事故の原因と認定。「自転車の走行方法を指導し、監督義務を果たしていた」とする母親側の主張について、「十分な指導や注意をしていたといえない」と退けた。

 その上で、女性が事故のために得ることができなかった逸失利益や将来の介護費などを考慮し、女性の夫に約3500万円、損保会社へ約6千万円をそれぞれ支払うよう命じた。

MSN産経ニュースwestより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載