新製品情報ツール・ド・フランスを戦うランプレ・メリダのヘルメット オージーケーカブトがレプリカモデルを限定発売

  • 一覧
カブト WG-1 ランプレ レプリカモデルカブト WG-1 ランプレ レプリカモデル

 オージーケーカブトは、UCIプロチーム「ランプレ・メリダ」に供給しているヘルメットのレプリカモデルを8月に限定発売する。現在、ランプレ・メリダがツール・ド・フランスで着用しているヘルメットと同じ「ブルー×フクシア×ヴェルデ」カラーをまとったハイエンドモデルだ。

 ベースモデルは、同社が展開する新ブランド「KOOFU」(コーフー)の第一弾として発売中のヘルメット「WG-1」。ただし、今回のレプリカモデルは、同社のグローバル戦略の一環として「Kabuto」(カブト)ブランドで登場する。

ツール・ド・フランス2013の第2ステージで、カブトWG-1ランプレを着用してレースに臨むランプレ・メリダのアドリアーノ・マローリツール・ド・フランス2013の第2ステージで、カブトWG-1ランプレを着用してレースに臨むランプレ・メリダのアドリアーノ・マローリ

 WG-1 はデザイン、テクノロジー、機能にとことんこだわったプレミアムヘルメット。造形デザイナーが手削りした原型をもとに、自社風洞実験設備で空力解析を実施し、抵抗や揚力、ヘルメット内側の温度変化などを最適化した。また、さまざまな試験機器を備えたテストラボで安全性能も徹底的に向上させたという。

 大きな面構成のシェルとシャープなエッジを立たせたシェルによる「ダブルレイヤードシェル構造」は、衝撃吸収性能と軽量化を両立。シェルの表面には、航空機の翼面などに見られる「ボルテックスジェネレータ」という突起を採用し、空気の乱流を起こすことでヘルメット内部の熱気を効率よく引き出す仕組みを取り入れた。また、レーシングカーの設計などにも活用される3次元流体解析技術を駆使して、ヘルメット内面のライナー形状までも細かく解析し、優れた整流効果と最適なエアルートを確保している。

カブト WG-1 ランプレ レプリカモデルカブト WG-1 ランプレ レプリカモデル
カブト WG-1 ランプレ レプリカモデルカブト WG-1 ランプレ レプリカモデル

 このほか、大型のサポートパーツで後頭部を包むようにホールドする「TRIFIT アジャスター」、日本のナノテク技術による瞬間消臭繊維「MOFF」を使用した中空タイプのストラップなどを採用している。

 またこのモデルには、ヘルメットを万一破損させても、登録していれば半額で再購入が可能な「KOOFU」の破損交換制度が適用される。

■カブト WG-1 ランプレ レプリカモデル
価 格:¥25,200(税込) ※数量限定
サイズ:S/M、L
カラー:REPLICA 13
JCF(財)日本自転車競技連盟公認


関連記事

この記事のタグ

オージーケーカブト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載