MTBジャパンシリーズ クロスカントリー第4戦・富士見パノラマ山本和弘が斉藤亮との接戦を制して連勝 女子は片山梨絵が圧勝

  • 一覧

 マウンテンバイクのJCFジャパンシリーズ、クロスカントリー第4戦が7月15日、長野県諏訪郡富士見町の富士見パノラマリゾートで開催された。男子エリートでは山本和弘(キャノンデールレーシングチーム)が斉藤亮(MIYATA-MERIDA BIKING TEAM)との大接戦を制して優勝、女子エリートではロンドン五輪代表が決まった片山梨絵(SPECIALIZED)がその力を見せて圧勝した。

スタート直後の女子エリート。ゼッケン8番の岩出愛未(SY-nak名産大)がスタートダッシュを見せたが、長くは続かなかったスタート直後の女子エリート。ゼッケン8番の岩出愛未(SY-nak名産大)がスタートダッシュを見せた

新星・與那嶺がオフロードでも活躍 女子

 1周4kmのコースを4周回・16kmで争われた女子エリート。今大会の注目はもちろん女王・片山梨絵だ。ロンドン五輪代表決定後、初レース。どういった戦いというよりも、どれだけの差を付ける走りを見せるかに興味が集まる。

 果たして片山の走りは、やはり圧倒的だった。スタートこそ慎重だったものの、1周目のパワークライムセクションで先頭に立つと、そのままぐいぐいと後続を引き離す一方。上りも下りもテクニカルセクションも終始安定したスピードを維持して、2位に8分の大差を付けてゴール。急遽決まった五輪代表にも、その備えが十分であることをアピールした。

木の根が浮き上がるテクニカルセクションもスペシャライズドの29erで安定した走りを見せる片山梨絵木の根が浮き上がるテクニカルセクションもスペシャライズドの29erで安定した走りを見せる片山梨絵
ロードに続きMTBでも鮮烈デビューを飾った與那嶺恵理。テクニカルセクションは押して走るロードに続きMTBでも鮮烈デビューを飾った與那嶺恵理。テクニカルセクションは押して走る
元アテネ五輪代表で大ベテランの中込由香里。安定した走りで2位に入った元アテネ五輪代表で大ベテランの中込由香里。安定した走りで2位に入った

 一方激戦となったのが2位争いだ。1周目の上りで片山に続くポジションを得たのは與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!)だった。今年のロード全日本で2位に入る鮮烈デビューを飾った新星は、今回がMTBデビュー戦。そしてこれに続いたのがゼッケン1番、昨年ランキング1位の中込由香里(team SY-Nak)だ。軽快な上りを見せる與那嶺に対し、大ベテラン中込はテクニックと着実なペース作りで追いすがる。

 順位が入れ替わったのは3周目の後半。下りでミスをして遅れた與那嶺を、ついに中込が逆転する。MTBは正真正銘の初レースだったという與那嶺は、下りのテクニカルセクションをほとんど自転車を押して走っていたそうだ。これが後半になっての消耗に繋がったか、中込に抜かれた與那嶺は追走しきれず逆に差を広げられてしまう。結局2位中込、3位與那嶺でゴールしたが、若手の台頭は「ポスト・片山梨絵」が長く出現しなかった女子マウンテンバイク界には明るいニュースだろう。

五輪代表の「お披露目」となった今大会。ゴール直後にポーズを取る余裕ぶり五輪代表の「お披露目」となった今大会。ゴール直後にポーズを取る余裕ぶり

 

2戦続けての付かず離れずの展開 男子

 前回第4戦ニセコ大会で、レースを終始二人でのマッチレースに費やした山本和弘と斉藤亮。今大会はその再現となった。6周24kmのレース。スタートで好位置に付けた斉藤が1周目の上りで先頭に立つと、そのすぐ後ろには山本が姿を見せる。2周目には山本が先頭に立つが、斉藤も離れず直後につけたまま、レースは周回を重ねていく。

男子エリート。先頭を行く山本和弘に、ぴったり付ける斉藤亮男子エリート。先頭を行く山本和弘に、ぴったり付ける斉藤亮

 すでにベテランの域に達しつつある山本がテクニックに優れるのに対し、元々クロスカントリースキーからの転向組である斉藤は、やや下りでは分が悪い。しかしパワーが必要とされるセクションで差を埋めて、上りでは山本にプレッシャーを与え続ける。

テクニカルセクションも安定した走りで駆け抜ける山本テクニカルセクションも安定した走りで駆け抜ける山本
ゲレンデのパワークライムを力強く上る斉藤亮ゲレンデのパワークライムを力強く上る斉藤亮
最終周回、一度は前に出た斉藤だったが、山本が後ろに迫る最終周回、一度は前に出た斉藤だったが、山本が後ろに迫る

 いよいよ最終周回となる6周目にも、テール・トゥー・ノーズのまま突入。ここで動きがあった。ついに斉藤が山本をパスして先頭に立つ。一気に突き放しにかかる斉藤だったが、下りで痛恨のミス。再び差を詰められてしまう。前後に並んだまま、ゲレンデを上るパワークライムセクションに入ると、今度は山本がアタック。斉藤を抜くと、そのままのペースを維持して差を広げた。前回大会ではゴールスプリント勝負だったが、今回は独走で山本がシリーズ2連勝を飾った。

最後は斉藤を突き放して山本が独走でゴール。Jシリーズ2連勝だ最後は斉藤を突き放して山本が独走でゴール。Jシリーズ2連勝だ

 山本“カズ”和弘は、全日本チャンピオンでロンドン五輪代表の山本幸平(Specialized Racing Team)の実兄。今季前半は片山梨絵と共に、プライベートで海外ワールドカップなどに参戦していたが、帰国して以降の戦いぶりを見ると、海外参戦で得たものは大きそうだ。国内前半戦には出場していないため、2連勝してもシリーズランキングではまだ首位に届かないが、「3連勝4連勝できるようにやっていきたい。シリーズチャンピオンを狙って行く」と今年のシリーズ王者奪取をファンに力強く誓った。

4X大会も併催

4Xは九島勇気(玄武Ninjya TV)が優勝した4Xは九島勇気(玄武Ninjya TV)が優勝した

 この日は一般クラスなどとともに、4X(フォークロス)の大会も併催された。ショートダウンヒルコースを4人同時にスタートして、上位2人が勝ち上がって行くトーナメント形式の戦い。かつてはUCIの公式ルールに組み込まれていて、Jシリーズや全日本選手権も開催されていたが、現在は非公式の競技となっている。今年は元全日本ダウンヒル王者の内嶋亮氏のプロデュースで全3戦のシリーズ戦が開催されており、6月の三重の大会に続き今大会は2戦目。前日のダウンヒルに出場したトップ選手も多く参戦した。3戦目は9月に今回と同じ富士見で開催されるという。

男子エリート結果(4km×6周)
1 山本和弘(キャノンデールレーシングチーム) 1:31:37
2 斉藤亮(MIYATA-MERIDA BIKING TEAM) +12
3 小野寺健(TEAM SPECIALIZED) +5:34
4 門田基志(TEAM GIANT) +9:02
5 佐藤誠示 +10:39
6 井本京吾(MIYATA-MERIDA BIKING TEAM) +11:06

女子エリート結果(4km×4周)
1 片山梨絵(SPECIALIZED) 1:14:22
2 中込由香里(team SY-Nak) +8:08
3 與那嶺恵理(チーム・フォルツァ!) +9:45

(米山一輝)

関連記事

この記事のタグ

MTBジャパンシリーズ MTBレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載