【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2013コルシカ島のチームプレゼンテーションで大歓声 ユキヤ4回目のツールはリラックス

  • 一覧

 いよいよ開幕目前となった第100回ツール・ド・フランス。27日にはグランデパール(全体で最初のスタート地点)の地であるコルシカ島でチームプレゼンテーションが行われ、新城幸也は日本チャンピオンとして舞台に登場。会場から大きな歓声を浴びた。(レポート 飯島美和)

トマ・ヴォクレール、ピエール・ローランらと肩を並べる新城幸也(飯島美和撮影)トマ・ヴォクレール、ピエール・ローランらと肩を並べる新城幸也(飯島美和撮影)
日本のテレビクルーからインタビューを受ける新城(飯島美和撮影)日本のテレビクルーからインタビューを受ける新城(飯島美和撮影)

 期待されていた日本チャンピオンジャージは、このプレゼンテーションには残念ながら間に合わず、あす29日のグランデパールでのお披露目となる見通しだ。

 プレゼンテーションを終えた新城は、リラックスした表情。

 「この舞台に立てたことはすごく嬉しいです。歓声を聞いて、あぁ~いよいよツール・ド・フランスが始まるなぁって思いました。でも、『日本チャンピオンとして』という実感はまだなかった。チャンピオンジャージを着たら、実感がわくかな」

 新城は4回目の出場となり、立ち居振る舞いにもかなり余裕が感じられる。年齢的にも、チーム内ではトマ・ヴォクレール、ヨアン・ジェヌに次いで3番目、ベテランの扱いになっている。

 いよいよ明日から3週間の戦いがスタートする。

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2013 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載