はじめよう!サイクリング自分にピッタリのスポーツサイクルを選ぶには?

  • 一覧
自転車を購入する際は、メンテナンスも肝心自転車を購入する際は、メンテナンスも肝心

 さわやかな風に誘われて出かけたくなるこの季節。自転車で足をのばせば、いつもの道や街並みがすばらしい世界に見えてくる。しかし、自宅にある自転車を思い浮かべると、重い車体、錆びの浮いたチェーン…これではサイクリングを楽しめない。今年こそ、流行のスポーツサイクルにチャレンジしてみては? 初心者がスポーツサイクルを選ぶ際の選択肢やポイントを探るとともに、手軽に入手できる“中古”自転車事情も取材した。

◇      ◇

 自転車での散策や通勤に適している「クロスバイク」は、ママチャリの扱いやすさを残しつつ、軽さと爽快感を楽しめる“万能自転車”だ。タイヤは、道路の段差やくぼみを乗り越えられる程度の太さがあり、パンクにも強い。速いスピードを維持しやすいので、通勤に使えば遅刻を免れられるかもしれない。

自転車での散策や通勤に適している「クロスバイク」自転車での散策や通勤に適している「クロスバイク」

「ロードバイク」なら、より速く、遠くまで走れる。写真はタイムトライアル仕様 「ロードバイク」なら、より速く、遠くまで走れる。写真はタイムトライアル仕様 

 より本格的な走りを求めるならば、「ロードバイク(ロードレーサー)」がお勧めだ。ツール・ド・フランスやオリンピックなど、トップ・プロのレースを走る自転車と同じ仕様のパーツで構成されており、重さは7~9キロ程度。タイヤの幅は2センチ程度と細いが、その分、より速く、遠くまで走ることができる。ただ、前傾の深い乗車フォームで、重心が高く機敏なマシンを乗りこなす技量が求められる。

 舗装路でない林道などを走る機会があるならば、マウンテンバイクは素晴らしいパートナーになる。頑丈な車体に、突起(ブロック)が付いて滑りにくいタイヤや、急坂に対応できる変速機などが組み合わされ、舗装路も悪路もOK。車体はやや重いが、さまざまな場所を思い通りに走れる自由さが魅力だ。

 豊富な種類の自転車の中から、自分に合う1台を選ぶポイントは、「用途、サイズ、価格」の3点。「用途」の面では、近所の散策や通勤で5~10キロ程度を走る機会が多ければ、クロスバイクがお勧めだ。それ以上の距離を走ったり、速さを追求したいならば、ロードバイクがふさわしい。一方、悪路を走る機会があるなら、マウンテンバイクが必須といえる。

 「サイズ」については、身長や股下の長さ、腕の長さなどに車体や部品を合わせる必要がある。同じモデルの自転車でも、サイズが細かく設定されているので、品揃えが多いショップで、自転車の乗り方に詳しい店員のアドバイスを受けて決めてほしい。

 「価格」は、高額な自転車ほど軽量で高精度の部品が使われている。ただ、初心者ならばクロスバイクで6~7万円程度、ロードバイクなら十数万円から本格的な仕様を楽しめる。製品の価格や値引きはさまざまだが、安さだけにとらわれず、メンテナンスを含めて信頼できるショップで購入することも重要だ。

◇      ◇

自転車の本体だけでなく、交換パーツも中古品を選ぶことが出来る。価格は、商品のグレードや、使用の程度によってさまざま交換パーツも中古品を選ぶことが出来る。価格は、商品のグレードや、使用の程度によってさまざま

 一方、最近は自転車ブームを背景に、中古自転車の専門店も増加。新車と同等の装備の自転車が大幅に安く入手できることから、選択肢の1つとして人気を集めている。

 中古自転車専門店「サイクリー」銀座店の瀬谷勝也さんによると、「通勤用、あるいは2台目としてよく売れるのは10万円台のアルミ製ロードバイク」。中古店での自転車選びは、異なる年代のカラーやデザイン、仕様の自転車を並べて比べられる楽しみがあるという。また、元のユーザーによってカスタマイズされた自転車もあり、より個性的なバイクと出会えるチャンスが大きい。

サイクリー銀座店の店内サイクリー銀座店の店内
サイクリー銀座店サイクリー銀座店

 中古自転車の安全性を懸念する向きもあるが、下取りされた自転車は、自転車技師の資格を持つ瀬谷さんらの手で整備・クリーニングされ、新しいユーザーを待っている。毎月30台ほどが持ち込まれては出ていくが、「愛着をもって大切に乗られている方が多いので、比較的きれいな状態が多い」そうだ。モノを大切にしながら、自転車のあるライフスタイルを楽しむユーザーの姿勢は、サイクリーの理念とも共通している。

 晴れて自転車を入手した後には、サドルやペダル、ホイールなどのパーツをグレードアップするなど、自分だけのオリジナル自転車へとカスタマイズする楽しみがある。サイクリーでも中古パーツを豊富に取り揃え、メカやパーツにこだわるユーザーの要望に応えている。

 自分だけの自転車を求めてサイクリーを訪ねれば、一期一会の出会いがあるかもしれない。

この記事のタグ

サイクリー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載