2014年の全日本選手権ロードレースは岩手県八幡平市で開催 JCFが発表

  • 一覧
翌2014年の全日本ロード開催地を発表する、日本自転車競技連盟の松倉信裕常務理事翌2014年の全日本ロード開催地を発表するJCFの松倉信裕常務理事

 日本自転車競技連盟(JCF)は、2014年の全日本自転車選手権大会ロードレースの開催地を岩手県八幡平市に決定した。同年6月最終週に開催する。

 大分市で6月23日に行われた全日本自転車選手権大会ロードレースの閉会式で発表した。2014年大会の開催地はJCFが公募し、八幡平市と大分市、千葉県南房総市の3都市が立候補したため選考作業が行なわれていた。

 同時に募集された2015年大会の開催地は該当地なしとされ、再度公募が行われる。

2012年の全日本ロード・男子エリートを制した土井雪広 =岩手県八幡平市2012年の全日本ロード・男子エリートを制した土井雪広 =岩手県八幡平市

 八幡平市では2011年、2012年にも全日本ロードが行われており、男子エリートではそれぞれ別府史之、土井雪広が優勝している。1周約200mの標高差のあるコースだが、レイアウトが単純で道幅も広いため難易度はさほど高くなく、集団走行が有利となりやすいコースだ。過去の2大会とも男子エリートは最終周回の上りの手前まで集団での展開となり、ゴールへ向かう上り坂で勝負が決している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載