全日本自転車選手権大会ロードレース鹿屋で切磋琢磨し、NIPPOで鍛えて「男になった」徳田鍛造 難関コースを逃げ続けてU23制覇

  • 一覧

 大分県で開催されている全日本選手権ロードレースは22日、男子アンダー23(19歳〜22歳)のレースが行われ、レース前半から逃げ続けた鹿屋体育大学3年生の徳田鍛造が、最後は独走で逃げ切って初優勝を飾った。

全日本ロード初日 レース速報

ゴール前、観客とハイタッチする徳田鍛造ゴール前、観客とハイタッチする徳田鍛造

 1周15.0kmのコースを9周回する、135kmのレース。激しい上り下りのコースに、スタート前からサバイバルレースが予想された。序盤からいくつかの逃げを試みる動きができては吸収される展開だが、メーン集団は鹿屋体育大学が前方を固め、レースを支配する動きを見せた。

スタートに並んだU23の選手。前年の上位入賞者が前列に並ぶスタートに並んだU23の選手。前年の上位入賞者が前列に並ぶ
男子U23クラスのスタート男子U23クラスのスタート

 大きな動きが出たのは3周目。吉田悠人(日本大学)が単独での逃げを集団は容認し、さらにこれを追走する第2グループに、池部壮太(マトリックスパワータグ)、徳田鍛造(鹿屋体育大学)、住吉宏太(日本大学)の3人が抜け出す。メーン集団は変わらず鹿屋勢が押さえる。

3周目の終わりにはメーン集団はかなり人数を減らした。先頭は小牧祐也(マトリックスパワータグ)3周目の終わりにはメーン集団はかなり人数を減らした。先頭は小牧祐也(マトリックスパワータグ)
単独先頭を走る吉田悠人(日本大学)単独先頭を走る吉田悠人(日本大学)
2番手集団の3人。池部壮太(マトリックスパワータグ)、住吉宏太(日本大学)、徳田鍛造(鹿屋体育大学)2番手集団の3人。池部壮太(マトリックスパワータグ)、住吉宏太(日本大学)、徳田鍛造(鹿屋体育大学)

 5周目に後退した吉田に代わり、池部、徳田が先頭に立った。先頭から3分差のメーン集団では、徐々に人数を減らしながらも大集団と言える人数を保っていたが、6周目に西村大輝(シマノレーシングチーム)がペースを上げて2分差まで縮めると、一気に10人以下にまでその人数を減らした。この中でも鹿屋勢はメーン集団に3人が残り、支配力を発揮している。

5周目に先頭に立った池部、徳田の2人5周目に先頭に立った池部、徳田の2人
上り区間を行くメーン集団上り区間を行くメーン集団
6周目の終わりのメーン集団は急激に人数を減らした。先頭は西村大輝(シマノレーシングチーム)6周目の終わりのメーン集団は急激に人数を減らした。先頭は西村大輝(シマノレーシングチーム)

 先頭では7周目に徳田が単独先頭となり、2番手に池部、そして3番手にはメーン集団から石橋学(鹿屋体育大学)が単独抜け出す。追走のメーン集団は6人にまで人数を減らした。8周目に集団から今度は山本元喜(鹿屋体育大学)が抜け出し、池部、石橋に代わって2番手に立った。また西村大輝もペースを上げて先頭を追う。独走の徳田は後続に差を詰められながらも、集中した表情で最終周回に突入した。先頭の徳田から2番手の山本まで1分差、3番手の西村まで1分20秒差だ。

7周目に単独先頭となった徳田鍛造(鹿屋体育大学)7周目に単独先頭となった徳田鍛造(鹿屋体育大学)
2番手で最終周回に入る山本元喜(鹿屋体育大学)2番手で最終周回に入る山本元喜(鹿屋体育大学)
3番手で追走する西村大輝(シマノレーシングチーム)は、蛇行しながらアタックして石橋学(鹿屋体育大学)を振り落とす3番手で追走する西村大輝(シマノレーシングチーム)は、蛇行しながらアタックして石橋学(鹿屋体育大学)を振り落とす

 最終周回、一度は2番手に45秒差まで詰められた徳田だが、ここから最後の力を振り絞ってペースアップ。再び2番手との差を広げ始め、最終的には2分近い差を付けて歓喜のゴールを切った。

単独逃げ切りで男子U23を制した徳田鍛造(鹿屋体育大学)単独逃げ切りで男子U23を制した徳田鍛造(鹿屋体育大学)
2位の西村大輝(シマノレーシングチーム)は天を仰いでゴール2位の西村大輝(シマノレーシングチーム)は天を仰いでゴール

 2位には西村が入った。下りで山本に追い付いた後、一度は山本に振り切られたが、上りで再度逆転した。U23に上がったばかりの18歳は、単騎参戦ながらレースを大きく動かしたが、最後は鹿屋勢のチームプレーの前に屈し、優勝はならなかった。

3位の山本は2010年、2011年のU23チャンピオン。後輩の徳田を祝福する3位の山本は2010年、2011年のU23チャンピオン。後輩の徳田を祝福する

 ゴール後の徳田は、声にならない悲鳴を上げてチームメートと喜びを分かち合った。「みんなの協力があってこその勝利。最後は監督に勝っていいんだぞと言われ、僕が勝たなくてはいけないんだという気持ちで最後まで踏み切れた」と話す。

 今シーズンは学生のレースへの参加を抑え、チームNIPPO・デローザの活動に石橋学と共に参加している。ツール・ド・ランカウイではジュリアン・アレドンドの個人総合優勝のアシストを務める経験をしたほか、6月にもツール・ド・韓国に出場した。NIPPOでの活動は確実に力になっていると認める一方で、「何よりもその活動や色々なことを許してくれているチームメートのおかげ」と周囲への感謝を見せた。

完走わずか11人のサバイバルレースを共に完走した徳田兄弟。優勝の兄鍛造と、7位の弟優完走わずか11人のサバイバルレースを共に完走した徳田兄弟。優勝の兄鍛造と、7位の弟優

 「僕が一番強かったわけではなく、いろんな展開があっての勝利。もう一回初心を忘れずに、謙虚な気持ちでしっかりやっていきたい」と話す。学生としての最大の目標は、秋のインカレだ。現在、日本大学が総合30連覇中で、鹿屋体育大学は近年肉薄しつつも日大の壁を破れていない。「今日は僕が男になりましたけど、インカレでは黒川監督を男にできるように、精一杯頑張ろうと思います」と話した。

男子U23結果(135km)
1 徳田鍛造(鹿屋体育大学) 4時間42分07秒
2 西村大輝(シマノレーシングチーム) +1分55秒
3 山本元喜(鹿屋体育大学) +2分57秒
4 広瀬樹(中央大学) +3分06秒
5 石橋学(鹿屋体育大学) +3分53秒
6 内野直也(EQA U23) +3分59秒

男子U23の表彰。(左から)2位の西村、優勝の徳田、3位の山本男子U23の表彰。(左から)2位の西村、優勝の徳田、3位の山本

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載