【レース速報】男子U23は鹿屋・徳田鍛造が独走で制覇 全日本選手権ロード初日結果

  • 一覧

 「全日本自転車競技選手権大会ロードレース」が6月22日、大分県の平成森林公園周辺の特設コースで開幕した。初日は男女の年代別カテゴリーのレースが行なわれ、未来を担う若い選手たちが同世代のライバルたちと日本一の座を争った。

男子U23を独走で制した鹿屋体育大学の徳田鍛造男子U23を独走で制した鹿屋体育大学の徳田鍛造

 男子U23は鹿屋体育大学の徳田鍛造が後続を大きく引き離して初制覇。男子ジュニアは地元・九州勢から日出暘谷高校(大分県)の黒枝咲哉がゴール争いを制した。男子U17はエカーズに所属する石上優大(横浜高校)が同世代のJプロツアーレーサーを抑えて優勝。女子ジュニアは坂口聖香、女子U17は坂口楓華が姉妹で日本チャンピオンに輝いた。

 男女のエリートのレースは23日午前8時にスタートする。

■男子U23 詳報
■男子ジュニア・U17・女子ジュニア 詳報

 

男子U23の表彰式。(左から)2位の西村大輝、優勝の徳田鍛造、3位の山本元喜男子U23の表彰式。(左から)2位の西村大輝、優勝の徳田鍛造、3位の山本元喜

男子U23結果(135km)
1 徳田鍛造(鹿屋体育大学) 4時間42分07秒
2 西村大輝(シマノレーシングチーム) +1分55秒
3 山本元喜(鹿屋体育大学) +2分57秒


男子ジュニアでゴール争いを制した黒枝咲哉男子ジュニアでゴール争いを制した黒枝咲哉
男子ジュニアの表彰式。(左から)2位の岡篤志、優勝の黒枝咲哉、3位の雨澤毅明男子ジュニアの表彰式。(左から)2位の岡篤志、優勝の黒枝咲哉、3位の雨澤毅明

男子ジュニア結果(90km)
1 黒枝咲哉(日出暘谷高校) 3時間13分09秒
2 岡篤志(Cプロジェクト) +2秒
3 雨澤毅明(那須ブラーゼン) +10秒

男子U17を制した石上優大男子U17を制した石上優大
男子U17の表彰式。(左から)2位の中村圭佑、優勝の石上優大、3位の水谷翔男子U17の表彰式。(左から)2位の中村圭佑、優勝の石上優大、3位の水谷翔

男子U17+U15結果(60km)
1 石上優大(横浜高校) 2時間12分42秒
2 中村圭佑(昭和第一学園高校) +12秒
3 水谷翔(南大隅高校) +30秒

女子ジュニアの表彰式。(左から)2位の谷伊央里、優勝の坂口聖香、3位の伊藤杏菜女子ジュニアの表彰式。(左から)2位の谷伊央里、優勝の坂口聖香、3位の伊藤杏菜
女子U17優勝の坂口楓華 女子U17優勝の坂口楓華

女子ジュニア+U17結果(45km)
1 坂口聖香(パナソニック レディース) 1時間55分24秒
2 谷伊央里(前橋育英高校) +24秒
3 伊藤杏菜(Ready Go Japan) +1分09秒

女子U17優勝
1 坂口楓華 (パナソニック レディース) 2時間04分46秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2013

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載