新製品情報マヴィック「コスミックCXR60」新登場 リムとタイヤを一体化する最新エアロホイールの60mmモデル

  • 一覧
斬新な空力テクノロジーを導入した「コスミックCXR」に、新たに60mmリムハイトモデルが登場。右がチューブラー、左がクリンチャー斬新な空力テクノロジーを導入した「コスミックCXR」に、新たに60mmリムハイトモデルが登場。右がチューブラー、左がクリンチャー

 リムとタイヤを一つの構造物とすることで空力性能を最適化する、世界初のコンセプトで作られたMAVIC(マヴィック)のホイールシステム「コスミック CXR」。昨年秋に発売されたリム高80mmの「CXR80」に続き、今年は高さを60mmに抑えて幅広いレースに対応した「CXR60」が登場する。

 チューブラーのみの設定だったCXR80に対し、CXR60はクリンチャーも用意される。いずれも専用タイヤ「イクシオンCXR」を含めたパッケージ(WTS:ホイール タイヤ システム)での販売となり、タイヤとリムの間の隙間を埋める「CX01ブレード」も含めて、トータルで最適な翼断面形状を構成し、高い空力性能を発揮するよう設計されている。スポーク本数はフロント16本、リア20本だ。

 翼断面形状はNACA(NASAの前身であるアメリカ航空諮問委員会)が定義した中から採用しており、マヴィックによると横風の際にも挙動の変化が少なく、ハンドルを取られにくくなっているという。

チューブラーのCXR60Tは、リム全体がカーボン製となる。リム部とタイヤ部の間の隙間を埋めるのがCXR01ブレードチューブラーのCXR60Tは、リム全体がカーボン製となる。リム部とタイヤ部の間の隙間を埋めるのがCXR01ブレード
クリンチャーのCXR60C。4層構造は左からカーボンフィン、エグザリットリム、CXR01ブレード、イクシオンCXRタイヤとなるクリンチャーのCXR60C。4層構造は左からカーボンフィン、エグザリットリム、CXR01ブレード、イクシオンCXRタイヤとなる

 チューブラー仕様の「CXR60T」は、CXR80と動揺の3Kフルカーボン素材のリムを使用。空気抵抗データでもCXR80に非常に近い空力効果を発揮しており、CXR60Cと比べても約1ワット出力をセーブできる。

 クリンチャー仕様の「CXR60C」は、リム素材にエグザリット(特殊表面処理を施したアルミ)を使用し、カーボンフィンを付けることで、CXR60Tに近い翼断面フォルムとなっている。他社の同等リム高の製品と比較して、6.3ワットセーブ可能で、40kmで19秒の短縮効果が期待できるという。

MAVIC Cosmic CXR60T(税込予価:294,000円)
リム素材:3Kカーボン
リム幅:最大27mm
スポーク:スチールエアロダブルバテッドストレートプルスポーク
スポーク数:フロント16本、リア20本
ハブ:カーボン/アルミ エアロハブ
タイヤ:イクシオンCXRチューブラー グリップ&パワーリンク
重量:2130g(ペア、タイヤ込み)、1590g(ホイールのみペア)

MAVIC Cosmic CXR60C(税込予価:283,500円)
リム素材:エグザリット/カーボンフィン
リム幅:最大27mm
スポーク:スチールエアロダブルバテッドストレートプルスポーク
スポーク数:フロント16本、リア20本
ハブ:カーボン/アルミ エアロハブ
タイヤ:イクシオンCXR グリップ&パワーリンク
重量:2515g(ペア、タイヤ込み)、1825g(ホイールのみペア)


この記事のタグ

マヴィック 新製品情報

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載